(。´・ω・。)ノ☆日本代表壮行試合・対台湾~何か大丈夫ですか?☆ヾ(。・ω・`。)

2017年03月01日
侍さん、大丈夫?(_○_;)ウォ! (_△_;)ウゲ! (_□_;)
WBCは短期決戦、今のままやと勝ち抜けて行けませんぞよ
…てか、勝ち抜ける様に見えないっすわ(((((( ;゚Д゚)))))ガクブル


この前のソフバン戦はお寒い打線でしたし、今日は投手陣がボロボロで…ホンマ
大丈夫ですか?って思ってしまってますが…何か選手個々の能力は半端ないと
思うんですけど、こうして「チーム」になった時の力が弱いって言うか…なんだろう
「日本を背負ってる」「WBCで勝ち抜くのは当たり前」とか重圧に負けてるんかな?
てか、もう1週間で始まるんですけど(;・∀・)今重圧とか言うてる場合ちゃいますよね

侍ジャパンがまさかの投壊17安打8失点 台湾選抜に炎上、対外試合2連敗
★打線は菊池が3安打と気を吐くもチャンスを生かし切れず
3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する野球日本代表
「侍ジャパン」は28日、CPBL選抜チャイニーズ・タイペイとの壮行試合(ヤフオク)を
戦い、5-8で敗戦。これで対外試合2連敗となり、本番に向けて不安を残した

侍ジャパンの先発は則本昂大投手(楽天)。初回、先頭の元ソフトバンク、ヤン
ヤオシュンに右前打を許すと、安打と犠飛で1点を先制された。だが、直後の攻撃で
1死から菊池涼介内野手(広島)が左中間フェンス直撃の二塁打で出塁すると、
2死二塁から4番・筒香嘉智外野手(DeNA)が左翼線へ同点二塁打を放ち、試合を
振り出しに戻した。

落ち着きを取り戻した則本は、2回を12球で3者凡退。2回裏には、1死三塁から
秋山翔吾外野手(西武)のタイムリー内野安打で1点リードに成功した。だが
直後の3回表、則本は1死一塁から、初回に犠飛で先制した3番ワン・ブォロンに
特大2ランをバックスクリーンに運ばれ、再逆転を許してしまった。

侍ジャパンは4回から2番手で牧田和久投手(西武)がマウンドに上がったが、先頭から
2連続二塁打で1失点。5回にも1死一、三塁から遊ゴロの間に1点を失うと、なおも
2死一、二塁から7番チェン・ジュンシウに右中間へ2点二塁打を許し、一気に5点差に
広げられた。

6回から3番手として登場した増井浩俊投手(日本ハム)は、右前打と左前打で2死一
二塁とすると、この日1本塁打を含む2安打3打点と大当たりの3番ワンを四球で歩かせ
満塁のピンチを招く。すると、4番ポン・ジョンミンに押し出し四球で1点を献上した。

一方、打線も3回以降は完全に沈黙。3回2死から平田良介外野手(中日)が放った
左翼への二塁打を最後に、6回先頭の中田翔内野手(日本ハム)が遊撃失策で
出塁したが、バットから快音は響かず。6点ビハインドのまま、試合は終盤に突入した。

侍ジャパンは、7回に4番手の宮西尚生投手(日本ハム)が3者連続三振のパーフェクト
救援。すると、試合の流れが変わった。7回裏に先頭・秋山から2者連続四球と暴投で
無死二、三塁の絶好機を迎えると、好調の2番・菊池涼介内野手(広島)が右中間を破る
2点三塁打。なおも無死三塁から3番・坂本勇人内野手(巨人)の遊ゴロの間に菊池が
生還し、3点差まで詰め寄った。その後も2四球を引き出したが、さらなる反撃は
続かなかった。
 
8回は5番手・岡田俊哉投手(中日)が3連打されながらも攻守に助けられて無失点。
9回は6番手・松井裕樹投手(楽天)が3者凡退に締めたが、打線は3点差を詰める
ことができなかった。

投打それぞれに課題を残すことになった侍ジャパン。25日のソフトバンク戦に続き
対外試合2連敗となった。3月1日に行われる壮行試合第2戦は、エース・菅野智之
投手(巨人)が先発を務める。


絵日記3・1菊池

☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆
こちらの”矢野さんバナー”をポチッとお願いします↓↓皆様の優しい「ポチッ」
してもらえますと嬉しいですわ~ランキング超々々急降下なんです(´;ω;`)ブワッ

人気ブログランキングへ

★こちらも「ポチリ」ありがとうございます~
こちらもランキングだだ落ち~何卒押して下さい~(´;ω;`)ブワッ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

★私のハムスターネタは土曜日更新~こちらから
好きなものは好き!~絵・趣味の部屋へ





スポンサーサイト
★侍ジャパン・日本代表ネタ | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |