(*´ゝω・)OP戦・対ロッテ~引き分けやけど、負けみたいな試合(ゝω・`*)

2017年03月10日
引き分けキタ━━(`Д⊂)━(⊃Д´)━(⊃Д⊂)━━ッ!!!
負けなかったけど、負けた様な試合でしたな(´・ω・`)
ヒット一本ですからね(ll゚ω゚(ll゚д゚ll)゚∀゚ll)それはアカン!!!

いやー今まで好調に繋がってた打線がかなりお寒い試合になりましたな~
一安打やし、1得点も犠牲フライやし(;^ω^)やっぱり、ちょっと良い投手とか
癖のある投手が出て来ると打てないですね。。こういう部分はずっと阪神の
良くない部分ですな(*´・ω・)´-ω-) ぅぃ。。引き分けで終っただけマシなんかな

阪神・青柳 開幕ローテ、グイッ! 秋山当確で残り1枠!争奪戦勝ち抜く
「阪神1-1ロッテ」


阪神の青柳晃洋投手(23)が開幕ローテ入りへ大きく前進する好投だ。
ロッテ打線を相手に4回無安打無失点。新球カーブへの手応えも上々で
打者のタイミングを狂わせるため、走者のいない場面でもクイックで投じる等の
工夫も施した。激しいローテ争いの中、存在感を知らしめた。

不安など感じさせない。先発・青柳がロッテ打線を手玉に取って4回0封。1本の
安打も許さない快投ショーで開幕ローテの座をグイっと引き寄せた。

寒風吹き込んだ聖地でホットな内容だ。初回先頭・伊志嶺を1ボール2ストライクに
追い込むと138キロの直球を外角高めに投げ込み空振り三振。2死から角中に
四球を与えたが、今度は4番・パラデスを追い込んでからの外角低めのチェンジ
アップでバットに空を斬らせた。新球のカーブも上々。二回のダフィーに対する2球目と
三回の中村に対する初球に投げ「カウント球としていけるかな」と手応えを口にした。

新たな“技”も身につけた。三回1死からの中村との対戦では10球を費やした。
6球ファウルで粘られたが根負けはしない。「粘られたので、ボールの緩急ではなく
フォームの緩急を」。走者のいない場面でもクイックで投じ、タイミングを狂わす。
本番に向け香田投手コーチから助言されたテクニックだ。

1年前とは違う。昨年3月5日、1軍初マウンドとなった相手はこの日と同じロッテ。
10球連続ボールなどで荒れたが、この日与えた四球は2つ。春季キャンプでは
疲労を考慮したスロー調整で思うように体を動かせない時期もあったが、この日の
内容を見れば心配はいらない。

モチベーションを高めるライバルたちの動向。現時点で開幕ローテ入りが
決定的なのはメッセンジャー、藤浪、能見、岩貞の4人。さらに8日のロッテ戦で
好投した秋山も当確ランプをともした。

残る椅子を岩田、横山、小野と争う。「争っているぞと監督が言っている選手が
いい結果を出しているので、気にしないといえばウソになります」。そんな青柳の
好投に加え、他の投手も結果を出している状況に金本監督も「今日のピッチングを
見ると、ローテーションに入れたくなるね」とうれしい悲鳴だ。

自分の力で手繰り寄せた開幕ローテ入りへの確かな光。これで前回登板した4日の
豪州戦から6回無失点。「このままいけばもっと良くなってくる」。まだまだ、こんな
ものではない。


阪神打線、わずか1安打1点…片岡Cが喝「ふんどしのヒモを締め直す」

甲子園も虎打線も寒かった…。オープン戦はここまで4試合で28得点と好調だった
阪神だが、ロッテの8投手による継投の前にわずか1安打。犠飛による1点だけに
終わり、片岡篤史打撃コーチ(47)は「もう一回、ふんどしのヒモを締め直して
やり直す」とナインに気合を注入した。

西宮市の最高気温は9・6度。数字以上に冷え込んだ聖地には、ときおり冷たい雨も
降った。そんな極寒に震えながら声援を送っていた虎党を、さらに寒くさせたのは
攻撃陣だ。わずか1安打で1得点。金本監督も苦笑いするしかなかった。

「ひと休み? そんないうほどのレベル(の選手たち)じゃないけど。いつもいつも
打てるわけじゃないし」

四回までノーヒット。迎えた五回。連続四球で無死一、二塁から、9番・荒木がようやくの
右前打。無死満塁としたが…。高山が遊飛に倒れると、続く北條の中犠飛で1点を
奪うのがやっと。指揮官は「犠牲フライで1点というね、まぁ…最低限といえば最低限
だけど」とポツリだ。

ロッテの8人継投に対し、七回以降は一人も走者を出せず。実戦14試合連続で4番に
座った原口も3タコに終わり、対外試合の連続試合安打は「9」、連続試合打点は「5」で
ストップした。

片岡打撃コーチは「前日、二木(ロッテ)の変化球にタイミングを狂わされて、それを
引きずってしまった。真っすぐのタイミングで(変化球を)打ちにいかないと、真っすぐに
押されてしまう」と不発に終わった原因を分析。試合後のミーティングでもナインを
集めてハッパをかけると、語気を強めた。

「もう一回、ふんどしのヒモを締め直して、やり直す」

これまでオープン戦4試合で28得点をたたき出し、チーム打率・336は12球団トップ
だった。昨季リーグ最低だったチーム打率・245から、確かな成長は見せていた。
しかし、大事なのはここからだ。オープン戦もいよいよ中盤へ。これからはエース級
投手との対戦も増えてくる。

いかに、一流レベルの投手を打つことができるか-。若虎の本当の実力を見極める
判断材料となる。“極寒打線”は、この日限りと信じたい。
.

絵日記3・10北條
絵日記3・10青柳

☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆
こちらの”矢野さんバナー”をポチッとお願いします↓↓皆様の優しい「ポチッ」
してもらえますと嬉しいですわ~ランキング超々々急降下なんです(´;ω;`)ブワッ

人気ブログランキングへ

★こちらも「ポチリ」ありがとうございます~
こちらもランキングだだ落ち~何卒押して下さい~(´;ω;`)ブワッ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

★私のハムスターネタは土曜日更新~こちらから
好きなものは好き!~絵・趣味の部屋へ



スポンサーサイト
★虎17キャンプ・OP戦ネタ | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |