4・2~対広島・・(ノω;`)雑な試合でボロ負け越し・゜゜・. ・

2017年04月02日
くそ負けキタァ━━(Д`ノ) ヽ( )ノ (ヽ´Д) ヽ(´Д`)o━━!!
まぁ~今日も超雑な試合で…そういう流れがこの2試合で
歯止めが効かず…負け越しますわ(ノ´UωU`*悲)=ε3


はぁ~酷い試合やったね(* _ω_)...能見さんのご乱調に、打線の援護も糸井さんのホームラン
だけやったし…それ以上にまた守備が乱れたり、投手陣も崩壊したりと…開幕戦での戦い方が
この2試合で全部ぶっ飛んでしまった感じがしてます。。火曜日からは京セラでのヤクルト戦
この嫌な流れを引きずらずに戦ってほしいですね(* _ω_)...

阪神 投手陣崩壊で広島に連敗 開幕3連戦で24失点「阪神1―9広島」
阪神は投手陣が崩壊し、広島との開幕カードを1勝2敗と負け越した。この日は先発・能見が
誤算。初回に菊池、丸の適時打で2点の先制を許すと、3回には新井に2点二塁打を浴びた。
結局、3回1/3を8安打4失点で降板。7回には3番手・岩崎も5失点し、3投手合わせて
15安打9失点で大敗した。

3月31日の開幕戦は2桁10得点を奪って勝利したものの、投手陣は11安打で6失点。
前日は延長10回で13四球を与え、9失点でサヨナラ負けした。投手陣の3試合の成績は
被安打36、与四死球22、奪三振19、失点24だった


阪神ドラ5糸原がプロ初安打「打てて良かった
阪神ドラフト5位糸原健斗内野手(24=JX-ENEOS)がうれしいプロ初安打を放った。
9回2死一塁。広島ブレイシアが3球目に投じた150キロの速球を振り抜いた。投手の
足元を襲うライナーで、中前まで転がっていった。5打席目に出た記念すべきヒットに
「初ヒットを打てて良かったです。足元にセンター返しができて良かった」と安堵(あんど)の
表情だった。

デビュー戦となった1日広島戦は延長10回にサヨナラ負けを喫した。ただ糸原は遊ゴロを
悪送球し、ピンチを広げてしまった。試合後は足取りが重く、顔を赤くしてバスに乗り込んだ。
それでもこの日は二塁で途中出場。打球は飛んでこなかったが、「昨日はああいうミスを
したんで、しっかり守ろうと心掛けた。消極的にならないように、守りでも攻めていこうと
思いました」と強気な姿勢で乗り越えた。


阪神能見、今季初登板は4回持たず4失点KO
開幕3戦目に先発した阪神能見篤史投手(37)が、4回持たずに降板した。1回にいきなり
3連打を浴びて2点を許し、3回には新井の2点適時二塁打で計4失点。4回1死から連打を
浴びたところで、マウンドを降りた。

オープン戦は3試合に先発し、防御率2・57とまずまずだったが、17年公式戦初登板は
ホロ苦いものになった。


絵日記4・2能見
絵日記4・2糸原

☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆
こちらの”矢野さんバナー”をポチッとお願いします↓↓皆様の優しい「ポチッ」
してもらえますと嬉しいですわ~ランキング超々々急降下なんです(´;ω;`)ブワッ

人気ブログランキングへ

★こちらも「ポチリ」ありがとうございます~
こちらもランキングだだ落ち~何卒押して下さい~(´;ω;`)ブワッ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

★私のハムスターネタは土曜日更新~こちらから
好きなものは好き!~絵・趣味の部屋へ


スポンサーサイト
★虎17公式戦~3・4月ネタ | Comments(0) | Trackback(1)

# (○・ω・)ノ選抜高校野球・決勝・大阪桐蔭優勝おめでとうヽ(・ω・●)

2017年04月02日
大阪桐蔭優勝おめでとう*:+゜・。*ヾ(●´∀`●)ノ*。・゜+:*
史上初の大阪勢同士の決戦は面白かったです(∩´∀`)∩

いや~今日の決勝はどっちが勝っても良いような高校同士の決戦は、大阪桐蔭に
軍配が上りましたね(∩´∀`)∩藤浪君が居た頃の大阪桐蔭の様な雰囲気もかもし
出しつつ「今の新しい大阪桐蔭」を出してましたよね。履正社もこの悔しさを夏に
ぶつけて来るでしょうし…ああ…大阪からも2校出れたらね(;^ω^)

大阪桐蔭、5年ぶり優勝=初の大阪決戦制す-選抜高校野球
第89回選抜高校野球大会最終日は1日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場に
4万人の観衆を集めて決勝が行われ、大阪桐蔭が履正社を8-3で破って史上初と
なった大阪勢同士の決勝対決を制し、5年ぶり2度目の優勝を遂げた。大阪桐蔭は
一回に藤原恭大の先頭打者本塁打で先制し、六回には藤原が2本目の本塁打を
放って3-0とリード。八回に同点とされたが、直後の九回に代打西島一波の2点
本塁打などで5点を勝ち越した。履正社の初優勝はならなかった


個々が持ち場で最善=チーム力で春の頂点-高校野球・大阪桐蔭
ベンチ入り18人が持ち場で最善を尽くし、日替わりヒーローが出る。大阪桐蔭の
強さは、決定的な5点を奪った九回の攻撃に凝縮されていた。

力投の徳山が八回につかまり、追い付かれた。浮き足立ってもおかしくないところでも
このチームは違う。九回の先頭は二回にソロ本塁打を放っていた坂之下。「0-0に
戻ったつもりで、何が何でも出塁する」との心構えで初球を右前打。犠打で1死二塁とし
西島が徳山の代打に送られた。

背番号18の控え捕手は、直前まで球を受けていたブルペンで相手投手を観察しつつ
「いつでも来い、と準備していた」。甘く入ってきた4球目を捉えると、白球は左翼席へ。
徳山も、西島も歓喜の表情でガッツポーズした。

西谷監督は、1回戦で履正社の竹田に13安打を浴びせた日大三打線のビデオを見せ
強くたたく意識を持たせていた。九回は長短6安打を集中。力強い打球音が甲子園に
こだました。

先頭打者本塁打を含む2本塁打の藤原、大会12安打の山田、根尾ら2年生が目立つが
坂之下は「もともと3年生のチーム。意地がある」。そんなチームをまとめ上げた福井主将は
「一体感にこだわっていた。チーム全体で勝てた」と胸を張る。1991年夏以降、甲子園
決勝で史上初の6連勝。史上初めての大阪勢による頂上決戦でも無類の勝負強さは
発揮された。


絵日記4・1大阪桐蔭優勝
絵日記4・1大阪桐蔭1

☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆
こちらの”矢野さんバナー”をポチッとお願いします↓↓皆様の優しい「ポチッ」
してもらえますと嬉しいですわ~ランキング超々々急降下なんです(´;ω;`)ブワッ

人気ブログランキングへ

★こちらも「ポチリ」ありがとうございます~
こちらもランキングだだ落ち~何卒押して下さい~(´;ω;`)ブワッ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

★私のハムスターネタは土曜日更新~こちらから
好きなものは好き!~絵・趣味の部屋へ



★高校野球(春夏)ネタ | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |