FC2ブログ

(*´ゝω・)宜野座キャンプ(7日)・ワクテカな紅白戦(ゝω・`*)

2018年02月07日
紅白戦キタタタタタ━(゚(゚ω(゚ω゚(☆ω☆)゚ω゚)ω゚)゚)タタタタタタ━!!!!
若虎に中堅に…今季に掛ける選手の出番もあったりの
非常に面白い紅白戦でした( ´・_ゝ・)´-_ゝ-)´・_ゝ・)´-_ゝ-)ウン


今日は今年初の実戦…紅白戦が行われました~紅白戦好きな私には非常に
ワクテカでした(新しくなったビジユニをがっつり見れましたし(笑))スタメンには
ルーキーの2選手も出てたし、先発には藤浪君に岩貞君と今季復活に掛ける
2人に、もう少し頑張らんとアカンで~な野手陣と…皆個々の気持ちで挑んだ
紅白戦やったと思います(★´・ω・)★`-ω-) ))。

藤浪君ですが…ちょっとコントロールがあれた部分もあったけど、まずまず
やったんじゃないですかね?2アウトからの失点はちょっと…ですけど(;^ω^)
今の時期としては仕上がり早い方やしええ感じやったんじゃないでしょうかね
才木君や小野君は…今季期待する投手の二人ですわ+*゚.ヾ(*´∀`)ノ☆*+.゚

野手陣は…大山君が凄いですな(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ。3安打の
猛打賞ですわ~今日は稲葉さんが視察に来てたんで…ホンマに侍ジャパンに
選ばれたら嬉しいなo(@^◇^@)oワクワク。。そして、西岡さんがチーム1号の
ホームランですわ(∩´∀`)∩今シーズンは怪我なく出場してほしいです~
西岡さんはまずソコですよね(;´∀`)ロサリオさんは2ヒット出ましたね~
ぶっちゃけ外国人選手は開幕するまで期待せずに見ようと思っております
(いや、過去の色々を見てると調子に乗って見てたらアカンわ…ってね(笑))

今週末には練習試合もありますし、この紅白戦がどう出るか楽しみです

阪神・藤浪、紅白戦は2回4安打2失点 三回からマウンドへ
阪神の藤浪晋太郎投手が、紅白戦で紅組の2番手で登板。2回で41球を投げて
打者10人に4安打2失点(自責1)だった。

三回、マウンドに上がるとまずは4番の中谷と対戦。初球、球団の測定で150キロを
計測した。この回は無失点に抑えたが、続く2イニング目のマウンドだ。簡単に2死を
取ったが、植田に左前打を許すと、続く糸原の打席で2球目に二盗を許したが。さらに
3ボールから4球目、高めに浮いた直球を狙われ、中前打で1点を失った。この打球を
中堅・高山が後逸。打った糸原も一気に本塁まで戻ってきた。

それでも、今年初めてとなる打者相手の投球で、安定感のある投球で変化の兆しを
見せた。ハイペースな調整を続ける2018年。今後も実戦漬けで、開幕へと向かっていく。


侍候補・大山が紅白戦で3安打 稲葉監督「いいものを見させてもらった」
阪神・大山悠輔内野手が侍ジャパン入りへ猛アピールを演じた。稲葉篤紀監督も
視察した7日の紅白戦に紅組の「5番・二塁」で出場。左中間二塁打、右前打、中前打と
並べ3打数3安打で、特別ルールで6イニングまでの試合ながら猛打賞をマークした。

稲葉監督も目についた選手を問われ「今日は大山選手ですね。3本のヒット。もともと
長打力には期待しているが、追い込まれながらもライト前に打ったり。いいものを
見させていただきました」と真っ先に名前を挙げた。

昨年は主に一塁ながら、三塁と外野も守り、今季はここまで二塁守備に専念している。
稲葉監督は「サードもファーストももちろんできますし。国際大会において複数守れると
いうのは貴重。かつ打てるというね」とユーティリティ性も高く評価した。

「こういう視察のタイミングで紅白戦があって、そこで打つという。何か縁を感じますね」と
指揮官の脳裏に深く焼き付いた様子。また同じく代表候補で、昨年11月のアジアプロ野球
チャンピオンシップでも選出されていた石崎が白組の3番手で登板。2回3安打無失点だった。
稲葉監督は「今年もパワフルで、今のところ順調そうですね」と高く評価する中継ぎ右腕の
投球にもうなずいていた。

そのほか、金本監督からは野手では中谷、投手では小野の名前を伝えられたという。中谷は
白組の「4番・右翼」で出場し3打数1安打。小野は白組の先発を務め2回2安打無失点でまとめた。


絵日記2・7藤浪君
絵日記2・7大山

☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆
ランキング参加中です~最近ランキング急降下~ポチッとひと押しお願いします(ヾ(´・ω・`)ノ(o´_ _)o)ペコッ

人気ブログランキングへ

★こちらも宜しければひと押しを(ヾ(´・ω・`)ノ(o´_ _)o)ペコッ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

★私のハムスターネタは土曜日更新~こちらから
好きなものは好き!~絵・趣味の部屋へ
スポンサーサイト
★虎18年キャンプ・OP戦ネタ | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |