ヾ(・∀・*)ノ阪神・秋季キャンプネタ(8)~藤浪君・来季に向けてヾ(*・∀・)ノ

2013年11月18日
藤浪君には2年目のジンクス関係無いねん~って
来季そうなります様に~(人^ω^)おねがい(^ω^人)


今日、夕方のNHKのニュースで藤浪君のインタビューとキャンプでの風景を映して
いました。CS1戦目でのキラさんに3ラン浴びた時のあの1球の話しとか、来季へ
繋がる話しとかしてました。ちょっとニュース動画がなかったのでまた探しておきます

さて、別の雑誌でも藤浪君の特集が組まれてましたよ~φ(・ω・。)かきかき
え~メッチャ長いので小文字にしたのですが…読みにくくてすみません~
藤浪君の回答だけ普通の文字サイズにしてます~

<藤浪晋太郎が激白 第1回>ルーキーイヤーを振り返る
高知・安芸の阪神タイガースのキャンプ地にある通称「安芸ドーム」。その殺風景な事務室に阪神の藤浪晋太郎
投手は、頭をかがめるようにして入ってきた。圧倒的なスケール。存在感……。そして、取材者の顔を見た第一声は
「お待たせして申し訳ありません」である。そんな挨拶を自然にできる19歳は、なかなかいない。彼に備わっている
ものの深さに触れた気がした。4球団競合の末、ドラフト1位で阪神に引き当てられたスーパールーキーは、開幕から
ローテーションを守り、24試合に登板、10勝6敗、防御率、2.75の成績を残した。セ・リーグで高卒ルーキーが10勝
以上を記録したのは、阪神伝説の左腕、1967年の江夏豊氏以来46年ぶり5人目の快挙である。逆境にこそ強さを
発揮する藤浪投手に、今シーズンの総括と来季への展望を含めて「ピンチに勝つ方法」をテーマにインタビューを
させてもらった。

――1年目のシーズンが終わりました。「自分はプロなんだ」と実感した瞬間はありましたか?

「そんな感傷に浸ることはなかったですね。初めて給料が振り込まれたときには『社会人に
なったな、大人になったな』とは思いましたが。まだまだ若いんで(笑)、野球が仕事だと
一瞬、一瞬で感じることはなかったです。ただ、1年を通してみて『仕事として野球をやって
いるんだ』とは思います」

――プロのレベルに初めて接して「困ったな」ということは?
「困った点は別になかったんです。ただ高校時代と決定的に違うのは打者の対応力です。
例えば1打席目と2打席目、1試合目と2試合目。確実に対応されてきますからね」

――常に相手の対応の一歩先を行かねばならない? 
「相手の研究の先をいかねばなりませんが、野球は騙し合いです。自分が持っている
ボールで、いかに相手のミスを誘うかが大事なんです、しっかりと考えることです」

――配球や研究は、常に追っかけ合いで「相手に追っかけさせれば勝ち、追っかけると負け」とも言われています。
データなどはノートにきっちりとつけているんですか?

「高校時代は部の決まりで野球ノートをつけていたのですが、今年に限ってはノートは
つけませんでした。今後は、もしかすればつけるかもしれませんが」

――記憶として頭の中に入っているのですね。
「全部が全部を記憶しているわけではありませんが、スコアラーの方から資料を用意して
いただいていますし、DVDもデータもワンシーズン分はありますからね」
――今季は、規定投球回数(144回)に6回1/3だけ届きませんでした。
「投げようと思えば投げられました。前半は球数の制限などがありましたからね」

――秋季キャンプではクロスステップの修正に取り組んでいますね。私も、夏頃、「クロスステップ論争」という
記事をTHE PAGEに書きました。クロスステップのリスクとしては、ボールのシュート回転、故障の可能性などが
考えられます。今回の修正は、球団、首脳陣からの提案を理解した上で決断したのですか?

「決断とか大げさなものではありません。自分で考えてやっているもので、上に言われたから
コーチに言われたからで、やっているのではありません。自分で取捨選択をしていいと思って
やっていることなんです」

――練習を見させてもらいましたが、想像していたより大胆な修正ではないですね。中西投手コーチは
「スパイク幅1足半くらいの修正。これまでのフォームでは膝や腰に大きな負担がかかるので、将来を
考えての取り組み」と言っていました。

「凄く直して、極端に真っ直ぐにする必要があるのか?というと、そうではないと思っています。
ケガのリスクを抑えるのが一番の理由でケガの予防のためにやっているつもりです」

――確かにあのフォームでは、体への負担は大きいと思います。長いプロのシーズンで後半戦に何かしらの
影響が出ていましたか?

「それはありませんでした。今年1年目は(インステップによる)故障もなく(悪影響は)なにも
なかったので、今、直さなくともよかったのかもしれません。しかし、長い目で考えて、この
フォームでは体への負担がかかるのかもしれないと考えたんです」

――反面、右打者に与えていた威圧感がなくなるのが心配でもあります。
「『右打者へ恐怖心を与える』という武器がなくなるかもしれませんが、それを削ってでも
ケガのリスクを抑えるべきだと思います。ケガをしてしまったら、クロスステップ云々も
ありません。そのための修正であり、いい状態、つまりクロスステップをせずに、いい
フォームで投げる率を高くするということです」

――藤浪選手が、最終的に目指す姿を100だと仮定すれば、今季の藤浪は、どれくらいの数値でしょう?
「自分のポテンシャルがどれくらいあるのかはわからないのですが、まだまだ体もできて
いません。まだまだ、まだまだと思っています。自分への期待も含めて、今が“60”位で
あって欲しいですかね。また、それくらいでないと自分の中でも困ります」

――まだ19歳。 肉体もこれから出来て成長していくでしょう。
「さすがに身長は伸びていませんが(笑)、体もちょっとずつ大きくなっています。筋量に
してもちょっとずつです」


まぁ~本当に19歳ですか?って思う様な、自己分析力持ってるな~って思いますね。
今キャンプでフォームの修正を行ってるんだけど…私は「うわ~要らん事して変になったら
どうするねん~」って思ってたけど…藤浪君ならそんな事なさそうやわ(;^ω^)あのCSでの
1球が(キラさんに打たれた3ラン)きっと来季の藤浪君を大きくするバネになるんやないかと
思うんですよね~。それにしても…藤浪君を見てると…他の年上の投手陣もっとしっかり
せんかいなヾ(○`з´)ノプンプン!!!。って思ってしまいました(;´Д`)

きっと、藤浪君は今季2桁勝利をしたけど内容はもっともっと行けてる~って思って
投げてたんじゃないかと思いますね。ああ…藤浪君に希望の光を感じておりますよ~
藤浪君~来季も頑張って~゛p(・ω・*q)ガン(p*・ω・)q゛バレ ※q(*・ω・*)p※

絵日記10・12CS藤浪
この一球から這い上がれるぞ~(`・ω・´)ノ オーッ!!
絵日記藤浪
強気な姿が来季はもっと見たいぞ~(`・ω・´)ノ オーッ!!

ストーブリーグでやけどに注意☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆
こちらの”矢野さんバナー”をポチッとお願いします↓↓皆様の優しい「ポチッ」
してもらえますと嬉しいですわ~お願いします(´;ω;`)ブワッ

人気ブログランキングへ

★こちらも「ポチリ」ありがとうございます~押して下さい~(´;ω;`)ブワッ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

★矢野さんご贔屓ブログはこちらからお越し下さい(イラスト更新中)
好きなものは好き!~やの部屋へ

★私の日常の日記ネタはこちらへどうぞ(「相棒」ネタ更新予定)
好きなものは好き!~絵・趣味の部屋へ


スポンサーサイト
★虎13~14オフネタ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示