相棒12~7話「目撃証言」感想

2013年11月29日
えっと~取り敢えず、感想は後ほど書きますので~お許しを((。´・ω・)。´_ _))ペコ

第7話「目撃証言」あらすじ
カフェのアルバイト店員・千倉(藤間宇宙)の撲殺体が発見された。遺体のそばには
自らの血で書かれた「H22」のダイイング・メッセージ。書きかけのようで、どうやら
途中で力尽きたらしい。 千倉のブログを遡って調べると、5年前は就活に失敗した
愚痴ばかりが書き込まれていたが、3年前にカフェの店長になってからは明るい内容に一変。
千倉は同じく3年前の平成22年に自転車による老女ひき逃げ事件を目撃。千倉の証言に
よって佐野(小松和重)という男が逮捕され、実刑判決を受けていることがわかった。刑期を
終え、すでに出所していた佐野に話を聞くと、あくまでも冤罪だと主張。右京(水谷豊)と
享(成宮寛貴)に、目撃者は本当に自分がひき逃げするところを見たのか聞いてみたい、と
言葉を荒げる。 今回の殺人事件と3年前のひき逃げ事件に関係があるのか? なぜ千倉は
殺されなければならなかったのか? 右京と享が絡み合った謎を紐解いていく。


相棒12~目撃者7

★「相棒」好きですか「はいぃ~」ポチッっとです((。´・ω・)。´_ _))
人気ブログランキングへ

★見ても見なくてもポチっとお願いします((。´・ω・)。´_ _))ペコ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
★「相棒」・ドラマ・ハム仔ネタ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示