(。´・ω・。)ノ☆甲子園球場と阪神園芸様は宇宙一☆ヾ(。・ω・`。)

2014年07月20日
甲子園球場ありがとう~(●´艸`)´艸`)´艸`)
阪神園芸様ありがとう~(●´艸`)´艸`)´艸`)


昨日は甲子園でオールスターが行われて、もうすぐ高校野球が始まりますし、そして
今年で90周年を迎える甲子園球場( ^-^)/:★*☆オメデト♪
美しさを作られてるのが阪神園芸様(人´∀`)ァリガトネ♪なのです~その
阪神園芸様の記事が載ってるのを読みました~ちょっと載せたいと思います~。

職人たちが作り出す甲子園「もうひとつのドラマ」
甲子園は、天候によってグラウンドの硬さが変わるということをご存知だろうか? 
天候だけではない。気温や湿度、デイゲームとナイター、季節によっても硬さが微妙に
変わる。このことを教えてくれたのは、甲子園球場のグラウンド整備を長年務めている
「阪神園芸」の金沢健児氏だ。「雨が降っている日、また試合中に雨が降ってきそうやなと
いう日は、少し硬めにしています。季節によって、試合時間の気温やスタンドの影の具合
なんかを計算してグラウンドの状態を仕上げています。今は選手でも気象情報を携帯
電話とかで見られますけど、昔はありませんでしたからね。平田勝男さんなんかは
試合前にグラウンドが硬いと、『今日、雨降るの?』って聞いてきましたね。いつもプレイを
している選手には分かるんでしょう」

阪神園芸とは、甲子園球場の整備をはじめ、その他官民問わず施設の整備を請け負う
関西では知る人ぞ知る”造園業の雄”として知られている。その中で金沢氏は、甲子園
球場のグラウンドキーパーの責任者を務める、この道26年の職人だ。なお正式な肩書きは
「阪神園芸株式会社運動施設部整備第一課課長」である。金沢氏によると、土の硬さが
変わるのは気象条件に限ったことではないという。

「その時代のタイガースの内野手が誰かによって、グラウンドの硬さは微妙に変えます。
(前出の)平田さんなんかは『とにかく軟らかくしてくれ』と言っていました。肩に自信が
あるから言えるんでしょう。グラウンドが軟らかいと打球の勢いが死ぬので、横の打球に
追いつけますし、イレギュラーのリスクも減りますが、その分、ファーストに強いボールを
投げないと間に合いませんからね。そういう意味で、セカンドの選手は基本的に軟らかい
グラウンドを好みます。セカンドは送球する距離が短いですから、横の打球に追いつきたい
という気持ちがより強いんでしょう」

その時代の内野手の要望とともに変わる甲子園のグラウンド。そして今、阪神の内野手と
いえば、2011年と2013年にゴールデングラブ賞を獲得した鳥谷敬である。はたして
鳥谷からの要望はあるのだろうか。「トリ(鳥谷)は何も注文してきません。ただ、試合が
終わって整備をすると、トリの守っていたショートはとてもきれいなんです。足で丁寧に
ならした後があちこちに見える。そういう細かい準備がゴールデングラブ賞につながって
いるんやなというのが、グラウンドからも見えますね」

実際にフィールドでプレイする選手からの意見に耳を傾け、その日の気象条件などを
計算しながらグラウンドを作る金沢氏。しかし、それだけで終わらないのが甲子園の
面白さである。その時代のチーム事情によってもグラウンドは変化するのだ。
「あれは2003年ですね。当時の内野守備走塁コーチだった岡田(布彰)さんから
『一塁ランナーがスタートを切る5~6mを硬くしてくれ』と要望がありました。理由は赤星
(憲広)が盗塁をしやすいようにです。それに対して赤星は、『一塁手が守りにくくなる』と
いう理由でこれを断っていたんです。でも、当時のタイガースの一塁手はアリアスで
2005年からシーツと、守備のうまい選手が守っていました。守備力が高い彼らなら
対応することができると判断して、実現しました。目に見えて硬いとわかるぐらい硬かった
ですよ」毎日同じように甲子園も、時代、選手、チーム、天候によって、まるで生き物の
ごとく変化しているのである。

現在、プロ野球の本拠地は12球団中10球団が人工芝を採用している。人工芝は
イレギュラーが少ないため、エラーをするリスクは減る。逆に、土のグラウンドは打球が
変化することも多く、エラーのリスクは高いと言われている。にもかかわらず、2013年
鳥谷は144試合に出場してエラーはたった4つ。それに2005年には関本賢太郎が
二塁手として連続守備機会無失策(804機会)というセ・リーグ記録を打ち立てた。
守備の記録が甲子園から生まれるというのは、グラウンド整備の賜物といっても
過言ではない。そのことを金沢氏に向けると、表情を変えることなく、淡々と語った。

「そういう守備の賞や記録が、ここ(甲子園)から出るというのは素直に嬉しいですよね。
まぁ、選手のプレイの邪魔をしていない、ということですから」

邪魔をしない――という表現に終始した金沢氏は、取材中、どんな質問をしても謙虚な
姿勢を崩すことがなかった。おごり高ぶることのないその姿勢は、まさに”職人”の
雰囲気をまとっていた。そんな職人と甲子園球場は、浅からぬ縁でつながっている。
金沢氏は高校を卒業して2年間はサラリーマンとして働くも、20歳の時に阪神園芸に
転職。時はバブル真っ只中。仕事も順調にこなしていたにもかかわらず、なぜ金沢氏は
甲子園にやって来たのか。「小さい頃から、母親が甲子園に務めていた関係でよく来て
いたんです。高校生の時も、グラウンド整備やスコアボードのアルバイトなどで何度も
甲子園に来ていました。高校を出てサラリーマンになった時は、仕事も忙しくてやる気も
やりがいもあったんです。そんな中で、甲子園から求人募集が来た。直感で”縁”やなと
感じたんです。何より、甲子園への思いというのが捨てきれんかったんでしょうね」

弱冠20歳にして飛び込んだ「甲子園のグラウンドキーパー」という世界。そこは想像を
遥かに超える“職人の世界”だった。「高校の時は、職員の方から『ケンちゃん』って
呼ばれていたのが、『金沢』に変わりました。先輩たちは、現場でも事務所でも、誰も
ひと言もしゃべらない。あのピリピリした緊張感は、いま思い出しても涙が出そうに
なるくらいつらかった」手取り足取り、口頭ではほとんど教えてもらえない中で、金沢氏に
できることといえば、とにかく見て覚えることだけだった。そこから26年間、ひたすら
グラウンドを整備し続け、今では甲子園のグラウンドキーパーの責任者にまでなった。
金沢氏は鋭い職人の目を少し柔らかくすると、肩の力を抜いて語りだした。

「でもまぁ、そんなたいそうなものじゃないんです。僕なんて、普通の人間ですから。
プロのアスリートと違って、誰にでもできることです。それが、最近はおかげさまで
ファンの人なんかにも『お疲れさま』とか『ありがとう』とか言ってもらえるんですよ。
そんな言葉をかけてもらえるなんて、おこがましいですよ。僕よりしんどい仕事している人
この甲子園にはいっぱいおるのに……」取材を終えると、金沢氏はグラウンドへと戻って
いった。空っぽの甲子園に、木製の整備道具が土の上を滑る音が響く。丁寧に丁寧に
会話をするように土をならす金沢氏の目は厳しさと優しさが同居し、それはまるで親の
ようであった。黙々と整備を続ける金沢氏を眺めていた私の頭に繰り返されたのは
金沢氏が最後に言った言葉である。

「言うても、甲子園があるからなんです。甲子園という場所は特別じゃないですか。この
甲子園で働いているみんなが、甲子園に憧れて、甲子園で働くことに誇りを持って
いるんじゃないですかね。仕事を超えた何か特別なものが、この甲子園にはあるんでしょう」
「甲子園には魔物が棲む」と誰かが言った。魔物に取りつかれるのは、何も選手だけに
限ったことではない。甲子園のグラウンドには、文字通り「ドラマ」が落ちている。今後
甲子園で野球を観戦する際は、グラウンドに目を向けてみるというのも、新しい観戦の
楽しみ方かもしれない。


延長で夜の11時過ぎて試合が終わって、帰る時に阪神園芸の方が黙々とグラウンドを
整備されてる姿を見ます。どんな時間、どんな季節でも試合がある時は阪神園芸の方は
甲子園の美しいグラウンドを綺麗にされてるんですよね~。前、見に行った試合で途中から
雨が降って来たんですよね(私は銀傘の下だったんで)雨の中シートを引き、中断してから
雨が上がってからの素早い作業は正に「職人」ですよ(人間国宝ですわ~ホンマ)

鳥谷君の記事を読んで、鳥谷君のあの守備は「グラウンドが綺麗になってる」って読んだ時
「ああ~鳥谷君の守備の上手さってそういう部分もあるのかな~」って。阪神の選手が
阪神園芸の方に色々注文するって聞いたことあります。それも「自分の素晴らしいプレーを
魅せる、チームの勝利を願う」って事なんだな~って思いますね。

甲子園は、何回行っても球場に入ってから見渡せるあの美しい姿に何時も感動しちゃいます。
それも、阪神園芸様のおかげなんですよね~ちょ、阪神頑張らなアカンで~(っ`・ω・´)っ

絵日記甲子園景色1
絵日記甲子園景色2
絵日記甲子園4
絵日記3・27甲子園銀傘1
絵日記甲子園阪神園

明日からは讀賣戦やで☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆
こちらの”矢野さんバナー”をポチッとお願いします↓↓皆様の優しい「ポチッ」
してもらえますと嬉しいですわ~お願いします(´;ω;`)ブワッ

人気ブログランキングへ

★こちらも「ポチリ」ありがとうございます~押して下さい~(´;ω;`)ブワッ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

★矢野さんご贔屓ブログはこちらからお越し下さい(写真ネタ更新しました)
好きなものは好き!~やの部屋へ

★私の日常ネタはこちらへどうぞ(ハムスターネタ更新しました)
好きなものは好き!~絵・趣味の部屋へ




.



スポンサーサイト
★虎14公式戦7月・オールスターネタ | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示