(。´・ω・。)ノ☆良太君の活躍するの見たいねん~☆ヾ(。・ω・`。)

2014年10月04日
絵日記4・12巨人良太1
良太君~紅白戦でマルチ安打キタ━━d(★ゝω・´★)━━ッ!!!

えっと~詳しくは写真と共に載せますので、今日は記事だけでゴメンね
今日、FLに参加するメンバー出てましたね~超豪華なんですけど( ^ω^ )
宮崎は遠過ぎるわ~でも、見たいな~無理っすけど(涙)

阪神、フェニックスリーグ参加選手を発表 CS見据え主力全選手
阪神は4日、フェニックスリーグ参加予定選手を発表した。

5日からは次のメンバー。
〈投手〉能見、安藤、岩貞、藤浪、岩田、呉昇桓、歳内、福原、高宮、金田
メッセンジャー、松田、岩崎〈捕手〉鶴岡、梅野、今成、藤井〈内野手〉北條、関本
上本、ゴメス、西岡、新井、坂、荒木〈外野手〉大和、福留、マートン、伊藤隼、田上、俊介

CS出場選手が帰阪した後は次のメンバー
〈投手〉渡辺、筒井、秋山、小嶋、山本、建山、二神、玉置〈捕手〉小宮山、清水、小豆畑
原口〈内野手〉新井良、西田、陽川〈外野手〉柴田、中谷、狩野


良太が帰って来る!虎将は練習前に大号令「巨人を倒して日本一」
絶対日本一!! 阪神・和田豊監督(52)が3日、クライマックスシリーズ(CS)に向け
再開した甲子園での全体練習の前に「巨人を倒して日本一」と全員に訓示した。
再始動した日に朗報。腰痛で離脱していた新井良太内野手(31)が2軍の紅白戦
(鳴尾浜)で実戦復帰し、いきなり2安打。弱点の三塁を埋める切り札が1軍に帰ってくる。

午前11時。甲子園の中堅付近にナインが集められた。和田監督が、選手の輪に歩を
進めた。峯本管理部長が一塁ベンチに向かって、声を掛け、打撃投手や広報、裏方ら
スタッフも、円陣に加わった。「気持ちを解かずに、しっかりと準備しよう。もう1回
東京ドームに乗り込んで、巨人を倒そう。巨人を倒して、日本一を争う権利を得よう」

およそ1分40秒の訓示だった。静かに諭すように語りかけ、緊張感を高めた。戦いは
これから。挑戦権があるならば、もっとも高いところを狙うだけ。3年契約最終年の
144試合を戦い終えても続投かどうか、去就が固まらず、退任の場合の後任候補に
元監督の岡田彰布氏(56)が浮上する中、自分自身への援護射撃になる。

巨人を倒すためには広島と争うCS初戦の11日までに戦力を立て直すことが急務。
始動初日に甲子園から1・5キロ離れた鳴尾浜から朗報が舞い込んだ。8月29日に
腰痛のため、離脱した新井良が実戦復帰。2軍の紅白戦に「4番・DH」でスタメン出場し
マルチ安打を放った。

三回二死一塁の第2打席で筒井から遊撃内野安打。五回二死一塁では渡辺の初球を
とらえ、三遊間を破った。3打数2安打の好発進に良太は「普通じゃないですかね。
(腰痛は)気にはならなかったですね。僕はしっかり準備をするだけです。後は上(1軍)の
方に判断してもらいます」と表情は明るかった。

新井良が抜けた9月戦線は6連敗を喫するなど、苦戦した。9月中旬に今成も故障し三塁が
ポッカリ空いた。以降、新井貴を起用したが、打撃が芳しくなく、シーズン最後は坂が務めた。
残り5試合では1試合平均得点2・2まで落ち込み、得点力不足に泣いた。出場試合は
78試合ながら、得点圏打率・362(打率は・295)と勝負強い虎の元気印がホットコーナーに
戻ってくれば、チームに勢いがつく。

見守った平田2軍監督も「違和感はなかった。ブランクを感じさせないスイングをしていた。
クリアしたんじゃないかな」と太鼓判。1軍首脳は、4日に患部の状態を確認し、問題なければ
5日に1軍とともにフェニックスリーグが行われる宮崎入りすることを明かした。和田監督が
視察する6日の巨人戦(サンマリン)、7日のDeNA戦(生目第2)を経て、CSに乗り込む。
5日の広島-巨人戦の結果で順位がCS本拠地開催権が懸かる2位か、ビジターを
強いられる3位かが決まる。運命は天に委ねるしかないが、CSを勝ち上がるか、どうかは
虎次第だ。就任1年目には4番に据えた和田監督の秘蔵っ子、良太が虎を救う。


絵日記6・29良太

絵日記11・23秋季良太8
絵日記11・23秋季良太10
早くこの笑顔が見たい

スポンサーサイト
★虎14公式戦・~9・10月&CSネタ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示