(。´・ω・。)ノ☆台風来てますが…明日からCS☆ヾ(。・ω・`。)

2014年10月10日
明日からいよいよCSキタ━━━(*゚∀゚)っ゚∀゚)っ゚∀゚)っ━━!!!
お天気が気になりますが…とにかく初戦ですよね~初戦!!!
今までCSに出場はしてるけど、1勝しかしてないタイガース
何とか何とか1stステージ突破シテ━(*゚∀゚)っ゚∀゚)っ゚∀゚)っ━!!!


明日から、セとパと両方でCSの1stステージが始まりますね~阪神はCSではまだ
1勝∃ヨヨョョ。+゚(ノД`)゚+。ョョヨヨ∃しかしてませんからね~とにかくいい加減
勝って突破してくれ(*・ω・)*_ _)ペコリこれだけです。

専門家から見るCSファーストステージの展望 阪神&オリックスが優位な理由
明日(11日)から、プロ野球クライマックスシリーズ(CS)のファーストステージが開幕する。
セ・リーグはリーグ戦2位の阪神と3位の広島が、パ・リーグは2位のオリックスと3位の
日本ハムが、それぞれ甲子園球場と京セラドームで相まみえることになる。

スポーツコメンテーターの飯田哲也氏に、ファーストステージの戦いを予想してもらった。

「セ・リーグは、広島が最後競り負けてしまい、3位になってしまいました。本拠地で戦えない事も
痛いですが、何より痛いのは、前田健太を初戦で使えない可能性が出てきてしまったことです」

広島はリーグ最終戦となった10月6日の巨人戦で、前田健太が8回118球を投げている。11日の
CS初戦に投げる場合は、中4日となる。

「短期決戦、特にCSのファーストステージは3試合しかありませんから、初戦の重要性は極端に
高くなります。初戦に前田を使えないとなれば、バリントンも負傷離脱していて投げられるか
分かりませんし、広島としては本当に痛いです。前田が行かない場合、ヒースか大瀬良か
ということになると思います。大瀬良は最後の登板で阪神に負けていますし、個人的には
ヒースで行って、上手くはまればとは思いますね」

大瀬良は今季阪神との対戦で3勝3敗、防御率は3.80。相性は良くも悪くもないが、10月1日の
登板で負けているのは広島にとって印象は良くない。ヒースは阪神戦に1試合しか登板して
おらず、防御率は1.50。飯田氏は、阪神の方に分があると予想する。

「阪神は、福留の復調が大きいですね。中盤戦まで苦しんでいましたが、8月の終わり位から
一気に取り戻してきました。見た感じの印象ですが、振り回すことが減って、コンパクトに
スイングできるようになってきています。逆に上本の調子が落ちているのは気になりますが
鳥谷、ゴメス、マートンの中軸は安定していますし、そこに続く福留の調子が上がってきた
ことで、打線にかなり厚みが出てきているのは間違いありません」

福留は8月まで2割台前半の低打率に喘いでいたが、8月を55打数15安打の打率.273とすると
9月は67打数23安打で打率.343、本塁打も4本放っている。出塁率も高く、9月のOPSは.973と
なった。キャリアハイの打率を残した3番鳥谷、打点王の4番ゴメス、首位打者の5番マートンが
並ぶ阪神のクリーンナップは強力だが、その後ろを打つ福留の復調は、間違いなく相手
チームへ脅威を与えるだろう。

「また阪神は、メッセンジャー、藤浪、能見、岩田と先発も揃っています。昨年の悔しい思いも
あるでしょうし、打線の勢いとチームの総合力を考えても、今季は阪神が有利だと思います」

オリックスにとって大きなアドバンテージとなる金子の存在

一方、オリックスと日本ハムが対戦するパ・リーグはどうだろうか。

「パ・リーグは、初戦にオリックスが金子、日本ハムは大谷が先発すると思います。セ・リーグの
ところでも言いましたが、CSファーストステージは、3試合で先に2勝した方が勝ち抜けです。
過去にも、初戦を落としてセカンドステージに行った例は1回しかありません。当たり前の話に
なりますが、初戦を取った方が圧倒的に有利です。そういう意味で、金子を擁するオリックスが
かなり有利になると思います」

過去7年の歴史を見ても、クライマックスシリーズで初戦を落としてセカンドステージへ進出
したのは、2009年の中日しか例がない。今季16勝5敗、防御率1.98という圧倒的な成績を残した
絶対的エース・金子千尋の存在は、オリックスにとって大きなアドバンテージになる。日本ハムの
先発が予想される大谷翔平も、11勝4敗、防御率2.61と高卒2年目の選手とは思えない
ピッチングを続けているが、プレッシャーという重荷にどれだけ耐えられるのかがカギになりそうだ。

「オリックスは、リーグ終盤戦でソフトバンクと熾烈な優勝争いをしました。結果的にソフバンも
オリックスも勝ち星を伸ばせませんでしたが、そこでの経験は間違いなくプラスに働くと思います。
リーグ戦と異なり、短期決戦は負けたら終わり。オリックスにとっては、上手く開き直って戦えると
思いますし、それだけの経験を積みました。逆に日本ハムは、ほぼノープレッシャーのまま
3位に落ち着いたので、強い緊張感の中で戦う経験が不足しています。さらに言うと、大谷しか
安心して任せられる先発投手がいませんから、若い大谷に大きな負担が掛かります。逆に
言えばここで大谷が良い投球を見せられたら、彼が本当の意味で大エースへ成長する第一歩に
なると思います」

それでは、総合的なチーム力はどう判断しているのか。

「お互いに打線がそれほど強いわけじゃありませんし、投手力をベースとしたディフェンス
中心のチーム作りをしています。ただ、オリックスも西は後半戦ほとんど勝てていませんし
抑えの平野も9月以降、救援失敗が目に付きました。オリックスに関しては、リリーフ陣の
大健闘で先発を支えてきましたが、彼らにも疲れが見えています。この短いオフ期間で
どれだけリフレッシュ出来ているかが重要ですね。日本ハムも、2桁勝利した投手が大谷
しかいませんし、こちらもリリーフ陣に掛かる負担は大きくなるでしょう。宮西、増井
クロッタらの安定感は高いので、早め早めの継投というのも見られるかもしれません。
ただ、どちらにしても今季のオリックスは強い重圧の中で戦いを続け、大きな経験を
チームとして積み重ねました。間違いなく大きな経験だと思いますし、順当にいけば
オリックスが勝ち抜けると思います」


絵日記9・4上本
絵日記9・4大和
絵日記7・27鳥谷3
絵日記9・4ゴメス
絵日記6・8ソフバンマートン
絵日記8・21中日福留
絵日記8・20中日良太
絵日記9・14西岡
絵日記7・21梅野

明日からCSだ~☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆
こちらの”矢野さんバナー”をポチッとお願いします↓↓皆様の優しい「ポチッ」
してもらえますと嬉しいですわ~ランキングが急降下~お願いします(´;ω;`)ブワッ

人気ブログランキングへ

★こちらも「ポチリ」ありがとうございます~
こちらもランキングだだ落ち~何卒押して下さい~(´;ω;`)ブワッ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

★矢野さんご贔屓ブログはこちらからお越し下さい(コーチ雑記ネタ更新してます)
好きなものは好き!~やの部屋へ

★私の日常ネタはこちらへどうぞ(新しいハムスターお迎えネタ更新しました~)
好きなものは好き!~絵・趣味の部屋へ








スポンサーサイト
★虎14公式戦・~9・10月&CSネタ | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示