(。´・ω・。)ノ☆ヤノスポ~明日から讀賣と対戦や☆ヾ(。・ω・`。)

2014年10月14日
昨日ですが~(*`・∀・)ノ☆.。.こんばんわぁ.。.☆ヾ(・∀・´*)
ヤノスポです*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n´∀`)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!


絵日記10・13ヤノスポ3
絵日記10・13ヤノスポ2

昨日ですが「ヤノスポ」で先週末の阪神と広島のCS振り返ってました~最近の
ヤノスポは野球ネタが少なかったんですが、流石にCSネタやったんで何時もよりも
たくさん映してました~初めてのファイナル出場だしね(∩´∀`)∩

相手は讀賣さん~普段のシーズンでは結構互角に戦ってたけど、今回は短期決戦
讀賣に1勝のアドバンテージあるからね~やっぱり、初戦を取るのが大事になって
来るんじゃないかと思いますわ( ^ω^ )未知の世界のファイナルステージ…とにかく
必死のパッチで応援です(っ`・ω・´)っフレー!!!

【関本四十四の目】阪神CSファイナルS突破のカギは… 
間違っても打撃戦には持ち込むな

2014年のプロ野球がいよいよ佳境に入ってきた。明日(15日)からCSファイナル
ステージ(6試合制)だ。巨人は東京ドームにファイナルS初出場の阪神タイガースを
迎え撃つ。阪神は失うものがなにもない。全力で立ち向かってくるはずだ。でも
第1戦で巨人が勝つようなら、全国の阪神ファンのみならず、野球ファンから
「あ~あっ…」と悲鳴が上がるはず。優勝チーム、巨人の1勝のアドバンテージは
それほど大きい。そうならないためにも、阪神は石にかじりついても第1戦をもぎ取る
必要がある。

最近のセ・CS決戦で記憶に新しいのは12年、巨人対中日戦だ。その第1戦、中日は
3対1で接戦をモノにして1勝1敗とした。これで乗った中日は第2、3戦も取って3連勝。
巨人は崖っぷちに追い込まれた。野球ファンは大喜びし、目はCS決戦に釘付けとなった。
結局、巨人が盛り返して3連勝、日本シリーズ出場を決めたが。「熱狂再現」のために
阪神はとにかく投手陣が頑張ること、これに尽きる。

広島とのファーストステージでは確かに打線が振るわなかったものの、阪神投手陣が
21イニングを無失点に抑えた。投手陣の頑張りがあればこそで、誰も予期しない福留の
一発が出たりする。デイリースポーツ(14日紙面)の予想は第1戦・15日は藤浪か岩田
2戦16日・メッセンジャー、3戦17日・藤浪か岩田、4戦18日・能見となっていた。とにかく
彼らの踏ん張りだ。今年一番の投球が見たい。まずは阿部を“消す”ことだ。シーズン終盤
少しは調子を上げたものの、最近も原監督が付きっきりになっているように不安が残る。

第1戦、阿部の第1、2打席でうまく仕留めたら、「アレッ」と思うはずだ。阿部がおかしく
なると、長野、坂本、村田といった連中も一緒に歩調を合わせる可能性がある。間違っても
打撃戦に持ち込んではならない。巨人はCSファーストS阪神対広島戦のような投手戦に
なることを嫌がっている公算が強い。なんとか接戦に引きずり込むことが肝要だ。阪神には
呉昇桓という信頼できるストッパーがいる。できるなら、先発投手からもう1人中継ぎを
挟んで起用することだ。本人は6試合のフル回転と3イニング登板を覚悟していると
いうから、心強い限りだ。

巨人の先発は、これまたデイリーの予想だと第1戦内海、2戦沢村、3戦杉内、4戦小山と
なっている。第1戦の内海は今季の阪神戦、0勝1敗で防御率は5・54。結構、阪神打線に
打ち込まれている。阪神打線では西岡、上本の「うるさい1・2番コンビ」が攻略のカギを
握るような気がする。特に西岡には期待したい。何度でも言うけど、阪神はなにがなんでも
第1戦を取ることに尽きる。そうなりゃ、全国の野球ファンが頭の中で思い描く、ドラマチックな
結末が見られるかもしれない。


絵日記10・13ヤノスポ1
絵日記10・13ヤノスポ5
絵日記10・13ヤノスポ4

15日からは讀賣とや~☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆
こちらの”矢野さんバナー”をポチッとお願いします↓↓皆様の優しい「ポチッ」
してもらえますと嬉しいですわ~ランキングが急降下~お願いします(´;ω;`)ブワッ

人気ブログランキングへ

★こちらも「ポチリ」ありがとうございます~
こちらもランキングだだ落ち~何卒押して下さい~(´;ω;`)ブワッ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

★矢野さんご贔屓ブログはこちらからお越し下さい(ヤノスポネタ写真更新します)
好きなものは好き!~やの部屋へ

★私の日常ネタはこちらへどうぞ(新しいハムスターお迎えネタ更新しました~)
好きなものは好き!~絵・趣味の部屋へ















スポンサーサイト
★虎14公式戦・~9・10月&CSネタ | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示