(。´・ω・。)ノ☆打てる梅ちゃん~守れる梅ちゃん☆ヾ(。・ω・`。)

2015年03月16日
もう開幕まで10日程になりましたね~OP戦も徐々に「開幕モード」になって来て
若手のサバイバルレースも佳境ですね。。阪神も徐々にスタメンの面子が決まって
来たかな~って感じもしますけど…若手はもうふるいに掛けられるかな…ってね。

ちょっと梅ちゃんの記事を見つけましたので載せちゃいます..._〆(・∀・@)

球界に異変。キャッチャーは「守備力」より「打撃力」!?
巨人・阿部慎之助のファースト転向に象徴されるように、球界は今、捕手の世代交代の
時期に来ている。巨人をはじめ、広島、DeNA、阪神、ヤクルト、日本ハム、ロッテ……
いまだ正捕手の決まっていないチームが多く、それぞれで熾烈なポジション争いが
繰り広げられている。そしてキャンプ、オープン戦と取材していると、現場からこんな声が
聞こえてきた。

「たとえ捕手であっても、打ってもらわないと困る」 捕手というのは性質上、バッティングより
守りが重要視されるポジションだ。打撃力に難があったとしても、安定した守備力があれば
正捕手につくことができた。それが、守りだけでなく打つことも要求されるようになってきたと
いうのだ。野球解説者の野口寿浩氏は次のように語る。野口氏は捕手としてヤクルト
日本ハム、阪神、横浜でプレイし、卓越した守備力を生かし、日本ハム時代は
正捕手として活躍。その他の球団でも貴重なバックアップ捕手として重宝された。

「昔は『捕手はまず守り。バッティングは2割そこそこ打てればいい』といった風潮でしたが
明らかに変わってきています。いくらディフェンス面で優れていても、打てないと試合に
出られない。逆に、バッティングがよければ、守備は成長途上であっても試合に使って
もらえます」

その筆頭が、阪神・梅野隆太郎だという。梅野は福岡大時代、リーグ戦で28本塁打を放ち
全日本でも4番を任されたスラッガーだ。ルーキーイヤーの昨年、梅野は92試合に出場し
打率こそ.197と低迷したが、7本塁打を放つなどパンチ力のあるところを見せた。先日
阪神のキャンプ地を訪れた野口氏は梅野の印象についてこう語る。

「和田(豊)監督とも話をしたのですが、『梅野を育てるのは、自分の使命かもしれない』と
感じているようでした。正直、キャッチングやリードなど、課題は山ほどあります。でも
バッティングは目を見張るものがあり、試合で使いたくなるのもわかります。彼が下位に
いると、相手チームは相当脅威に感じるはずですから。それに、堂々とした振る舞いが
いい。若いキャッチャーはそれが大事なんです。だから和田監督は、どんどん試合で
使って経験を積ませたいのだと思います」

ではなぜ、打てる捕手が重宝されるようになっているのか。野口氏は次のように
説明してくれた。
「守備はいいけど打撃の弱い捕手と、守備はもうひとつだけど打撃のいい捕手が正捕手
争いをしているとします。たとえば、ロースコアの接戦になった場合、打撃の弱い捕手は
代打を出される確率が高くなります。実際、キャッチャーを代えるというのは、ピッチャーにも
影響が出てきますし、リスクは少なくありません。監督としてはあまり代えたくないポジション
なんです。

その点、打撃がいいと代打を出す必要がなくなる。そう考えると、打撃のいい捕手の方が
経験を積ませやすいし、チームにとってもプラスになることは多い。特にDH制のない
セ・リーグは、ピッチャーだけでなくキャッチャーも打てないとなると厳しい」
(中略)

それにしても、このような傾向は何が背景にあるのだろうか。野口氏は言う。
「1990年代の終わりから2000年代にかけて、打てる捕手のいるチームが結果を残したことが
影響していると思います。ヤクルトの古田(敦也)さんにはじまり、ダイエー(現・ソフトバンク)
時代の城島(健司)、横浜(現・DeNA)と、中日で優勝に導いた谷繁(元信)さん、阪神時代の
矢野(燿大)さん、ロッテの里崎(智也)、巨人の阿部(慎之助)と、守備だけでなくバッティング
でもチームに貢献した。打てる捕手がいるチームが強いということを証明しましたよね」

ただ誤解してはいけないのが、彼らは打つだけでレギュラーのポジションを獲ったのでは
ないということだ。野口氏が続ける。
「正捕手の絶対条件が守備であることに変わりはありません。先に挙げた人たちも、打った
から名捕手になったのではなく、名捕手でありながら打てた選手、という表現が当てはまるん
です。梅野選手や會澤選手にしても、今は打てるからチャンスをもらえているのであって
本当の勝負はこれからです。ただ、ここを乗り越えれば、チーム力は確実に上がります」

今後のチームの命運を握るという意味でも、各チームで繰り広げられている正捕手争いの
行方から目が離せない。


一番びっくりしたのは…野口さんが解説者してたって事(;´∀`)そっか~解説者してたんやね
…梅ちゃんが1年目から活躍を見せたのは、やっぱり「生え抜きの若い捕手」育てようって
ことも何かしらあったんじゃないでしょうか?阪神の捕手一杯いるけど…ベテランか中途半端の
若手とか、イマイチ伸びない中堅とか…まっ、捕手を育てるのが下手くそな虎さんですけどね

だからこそ、去年梅ちゃんを使ってくれたのは良かったな~って思いますね。そりゃ、梅ちゃんは
まだまだ勉強しないといけない部分はあるけども、試合に出てナンボですからね。守備の面で
スランプになったら、打撃面でもスランプになったりしちゃうから…今年はそれを吹き飛ばす
豪快な打席が見たいですね~期待しちゃいます(●´艸`)´艸`)´艸`)

梅ちゃん~ガンバ━━━o(・`ω´・)○))━━━ レ!!!

絵日記3・16梅ちゃん

アンケートの方も、よろしくお願いいたします(サイドバーにあります)

し烈な争いは続く☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆
こちらの”矢野さんバナー”をポチッとお願いします↓↓皆様の優しい「ポチッ」
してもらえますと嬉しいですわ~ランキング急降下なんです(´;ω;`)ブワッ

人気ブログランキングへ

★こちらも「ポチリ」ありがとうございます~
こちらもランキングだだ落ち~何卒押して下さい~(´;ω;`)ブワッ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

★矢野さんご贔屓ブログはこちらからお越し下さい(ブログネタ更新してます~)
好きなものは好き!~やの部屋へ

★私の日常ネタはこちらへどうぞ(ハムスターネタ更新してます)
好きなものは好き!~絵・趣味の部屋へ






スポンサーサイト
★虎14~15オフネタ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示