5・12~対ヤクルト(●ゝω・)ノ☆打てません(雨天)中止☆*:;;;:*

2015年05月12日
今日は試合見れなくて、つまらんな~って自分と
試合が中止になって良かった~って思う自分が居ます。。


早々と雨天中止になりましたね~。。何か色んな小ネタが…メッセが抹消になった
みたいですね。まぁ~今年のあの状態ならしょうがないかと。。メンタルも随分と
来てるかもしれないしね。ファームで気分一新して来てほしいな(マートンもww)

んで、こんな記事を見つけましたよ..._〆(・∀・@)

ピースは揃うもハマらない…阪神が苦しむ3つの理由
昨年は終盤の猛追で2位に滑り込み、鬼門であったCSでは巨人相手に4連勝を
収めて日本シリーズ進出も果たした阪神。日本シリーズではソフトバンクを相手に
苦杯を舐めたものの、大活躍の助っ人4人に加えてメジャーと日本の狭間で揺れて
いた鳥谷敬の留意にも成功。球団創設80周年のメモリアルイヤーを迎える
今シーズンへの期待は高まるばかりであった。

そんな中、迎えたシーズン開幕。出だしこそ球団史上初の開幕から2試合連続サヨナラ
勝ちを挙げるなど、最高のスタートを切ったかに見えた。ところが、そこからまさかの
8カード連続で勝ち越しなし。

4月28日からヤクルトを相手に3連勝も、次のカードで巨人に2連敗。5月4日からの中日との
3連戦は初戦を落とすも、連勝でカード勝ち越しを収めながら8日からの広島との試合で
3連敗。流れに乗りきれない戦いが続き、ついに単独最下位に転落した。10試合以上を
消化した段階での単独最下位というのは、2011年の6月8日以来、実に4年ぶりのこと。
創設80周年という記念すべき年に、和田監督は就任以来初の屈辱を味わうことと
なってしまった。

今シーズンの阪神を振り返ると、目立った主力の離脱なく、オーダーが代わったのは
1番のところと、調子が上がらないマートンが6番に下がって福留が5番に上がったこと。
固定できていないのはセンターだけというような形で、故障や不振による離脱者が続出
している巨人や広島といったあたりと比べると、コマは欠けずに揃っている方であるといえる。

にも関わらず、ここまでのスタッツを見てみると、チーム打率(.207)、得点数(105)
防御率(4.06)、失点数(157)、さらには本塁打(12)、盗塁数(11)とすべてがリーグワーストの
数字。どこがというよりも、とにかく走攻守すべてにおいて苦しんでいることが見て取れる。
ほぼベストメンバーが揃いながらも、どこで歯車が狂ってしまったのか。ここまでの阪神の
誤算に迫っていきたい。

● 頼みの助っ人陣が軒並み不調
昨シーズン、終盤の快進撃を支えた大きな原動力となったのが“助っ人カルテット”の活躍。
最多勝と最多奪三振の二冠に輝いたメッセンジャーをはじめ、移籍初年度で最多セーブの
タイトルを獲得した呉昇桓や、こちらも加入初年度ながら打点王になったゴメス、そして悲願の
首位打者を獲得したマートンと、この4人の団結力素晴らしかった。ところが、今シーズンは
特に“投打の柱”であるメッセンジャーとマートンの調子が上がらない。メッセンジャーは開幕
投手も務めながら、ここまで8試合で2勝5敗と大敗。防御率は5.88とそこに昨年までの面影はなく
ついにはチームに背くような“問題行動”も目につくようになり、ついに11日、登録を抹消された。
マートンも同様で、昨年は.338のハイアベレージを残したマートンも今シーズンはここまで打率
233と低迷。ついにはスタメン落ちまで経験するなど、和田監督も起用法に頭を悩ませている。

● 鉄壁誇ったリリーフ陣が...

また、昨シーズンのCSから日本シリーズを見ていく上で、話題となったのが阪神が誇る盤石の
リリーフ体制。安藤、福原、呉昇桓という方程式に左の高宮を加えた体制で短期決戦を見事に
駆け抜けていた。ところが今年は、福原と呉昇桓こそ気を吐いているものの、安藤は防御率4.50
高宮は3.00と昨年に比べて苦しい投球が目立ち、期待の4年目・松田遼馬も突如として荒れる
面を持ち、ベテランたちに取って代わることができていないというのが現状だ。

● エースとして期待がかかった3年目の藤浪晋太郎

最後は、苦悩の時期を過ごしている3年目・21歳の藤浪晋太郎。同学年の大谷翔平が開幕
投手を務め、そこから破竹の勢いで開幕5連勝を記録。3・4月の月間MVPに輝いた中、藤浪は
もがき苦しんでいた。7試合に登板して1勝4敗。完投を2つ記録し、防御率も3.20とさほど悪くは
ないのだが被安打はリーグワースト2位の51本、失点もワースト2位の25点。チームにいい
流れを呼びこむ投球ができているとは言い難い。チームも自身も苦しい時期を乗り越え
エースとして成長して行くことができるか。最下位からの巻き返しに藤浪の覚醒は不可欠だ。

5月11日時点で借金5つ。まだまだ長いシーズンは108試合ほど残っているとはいえ、伝統的に
あまりいいイメージのない交流戦も控えており、うかうかしていられる状況ではない。
トレードや緊急補強の噂まで流れるまさに緊急事態の阪神は、創設80周年のメモリアル
イヤーをどうにかして巻き返して終えることができるだろうか。


まっ、これだけでもないんですけども…もうチーム全体が「底」ですよね。。
結局、打撃の中軸を助っ人に頼ってるから調子が落ちると機能しないんですよね。
今の阪神がまさにそれですからね。助っ人が悪いとかじゃなくて、和製大砲も育てて
行かないと行けないって事なんですよね。投手陣も若手がゴロゴロ転がってるのに
育ってきてないと言うか育てるのが下手くそって事ですわ。。。本当に、これらの事が
上手く行かないと上には行けないと思いますわ。。むしろ、下に落ちたままで改革を
しよう~ってなるのなら、それならそれでいいですけどね(まぁ~ないでしょうけど)

絵日記藤浪

明日は燕さん☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆
こちらの”矢野さんバナー”をポチッとお願いします↓↓皆様の優しい「ポチッ」
してもらえますと嬉しいですわ~ランキング急降下なんです(´;ω;`)ブワッ

人気ブログランキングへ

★こちらも「ポチリ」ありがとうございます~
こちらもランキングだだ落ち~何卒押して下さい~(´;ω;`)ブワッ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

★私の日常ネタはこちらへどうぞ(ミスチルネタ更新しました)
好きなものは好き!~絵・趣味の部屋へ




スポンサーサイト
★虎15公式戦・交流戦~5月ネタ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示