(。´・ω・。)ノ☆関西やからって渋ちんとは限らんで~☆ヾ(。・ω・`。)

2015年12月14日
銭ネタキタ━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━!!
契約更改とか、自分には縁のないお給料の金額なんだけど…
でも気になるぅ~(*Φ皿Φ*)ニシシシシ(*Φ皿Φ*)ニシシシシ


昔は「阪神は渋ちん球団」って言われてましたわ(;´∀`)まっ、確かにそうやったかも
しれませんけども…渋ちんって言うか、変な外国人に金使ったり
イミフな事しとったけど( 。-ω-)-ω-)-ω-) シーン・・・。。

要は使い方がおかしかったって事で(今もたまにありますけども(;´∀`))…今年の
阪神は今のところ「おお~」ってなる様な契約更改ネタはないですね。。西岡さんが
ドーンって減った位ですかね(でも、これは「そらそうよ」な内容やったからね。。)
まっ、今季の阪神の成績って言うか内容的にはそんなに明るめな契約更改は
藤浪君がどれ位になるか(-ω- ?)でしょうね。。

こんな記事が載ってました..._〆(・∀・@)

藤浪に期待!? 3年連続CS進出の阪神、ここまで契約更改で大幅アップはなし
★期待の若手は微増、ベテラン2人は複数年契約のため現状維持
阪神は今季、3位でクライマックスシリーズに進出したものの、ファーストステージで
2位の巨人に敗れ、2年連続の日本シリーズ進出はならなかった。シーズン終了後には
和田豊監督が退任。金本知憲新監督の元で挑む来季へ向け、契約更改交渉が
行われている。
チームを支えた中継ぎの福原忍投手、高宮和也投手がアップを勝ち取ったものの
期待を裏切った西岡剛内野手は40%ダウンで更改。ただ昨季よりも成績を落とした
鳥谷敬内野手、能見篤史投手は複数年契約のため現状維持でのサインとなった。
また、将来性を感じせた若手は微増となり、来季はさらなる飛躍へ期待がかかる。
今後はセ・リーグの奪三振王(221)に輝くなど、エースに成長した藤浪晋太郎投手の
契約更改が控えており、大幅アップが期待される。

ここまで契約更改が終わっている主な選手は以下の通り。

◯鳥谷敬内野手 4億円(現状維持)
鉄人は11年連続の全試合出場を果たしたが、打率.281と昨年(.313)より低下。出塁率は
.380と相変わらず高い数値を維持している。守備力の低下も指摘されながら、3年連続
4度目のゴールデングラブ賞、同6度目のベストナインに選出。来季が5年契約の2年目と
なるため、現状維持でサインした。

★福原はプロ18年目で自己最高年俸に

◯西岡剛内野手 1億800万円(7200万円ダウン)
オフに右肘手術を受けた影響もあり、50試合の出場に留まった。開幕直後の負傷で
24試合の出場に終わった昨季に続いて低調な結果に。野球協約が定める減額制限
いっぱいの40%ダウンで更改。来季は復活を目指す。

◯ランディ・メッセンジャー投手 3億円(1億円アップ)
来日6年目の今季は29試合に登板して9勝12敗。13勝(10敗)で最多勝に輝いた
昨年から勝ち星は減ったものの、防御率は3.20から2.97へと向上。1億円アップで
7年目のシーズンに臨む。

◯福原忍投手 1億5000万円(3000万円アップ)
ヤクルトのオンドルセクと並んでリーグトップタイの33ホールドをマーク。来季がプロ
18年目だが、39歳にして自己最高年俸となる1億5000万円を勝ち取った。2年連続
60試合以上に登板しているセットアッパーは、来季も阪神に必要不可欠な存在だ。

◯能見篤史投手 1億4000万円(現状維持)
2年ぶりの2ケタ勝利となる11勝をマークするも、2年連続でリーグ最多の13敗を
喫した。73失点、自責66はいずれもリーグ最多で、防御率3.72は同最下位。しかし
来季が3年契約の2年目となるため、現状維持となっている。

★狩野は156%アップ、来季は「代打の神様」に!?

◯高宮和也投手 3000万円(1500万円アップ)
呉昇桓(63試合)、福原(61試合)に続くチーム3位の52試合(自己最多)に登板。
主に左のワンポイントとして、2勝0敗8ホールド、防御率3.03の成績でブルペンを
支えた。倍増の3000万円でサイン。来季は中日からFAで加入した高橋も加わり
高宮にとっては強力な援軍かつライバルとなりそうだ。

◯狩野恵輔外野手 2300万円(1400万円アップ)
2012年シーズン終了後には怪我の影響で育成契約となった男も、今季は主に
代打として打率2割7分4厘、3本塁打、13打点をマーク。156%アップの2300万円で
サインした。2009年には正捕手を務め、年俸4000万円まで上がっていたが、昨年は
800万円まで落ち込んでいただけに、復活への大きな一歩となった。関本が
今季限りで引退し、来季は「代打の神様」の継承に期待がかかる。

この他には、中継ぎとしてブレークの兆しを見せた歳内宏明投手が500万円アップの
1600万円、後半戦に貴重な働きで貢献した今成亮太内野手が400万円アップの
4000万円、スケールの大きさを感じさせたルーキーの江越大賀外野手が600万円
アップの1600万円で更改した。一方で、正捕手候補と期待された梅野隆太郎は
56試合の出場に終わり、300万円ダウンの1500万円となった。

高卒1年目から3年連続2桁勝利となる14勝(7敗)を挙げた藤浪は、今季の
8500万円から大幅アップが確実で、1億5000万円を超えるとの報道も出ている。
金本新監督が就任した来季は、勢いのある若手がレギュラーに抜擢される
可能性も十分。来季の契約更改では、驚くような大幅アップや、逆に出場機会を
失ったベテランの大幅ダウンが出るかもしれない。


こうしてみると、ベテランは複数年とかだから現状維持とかあるんですよねー
だから、印象が薄いんかもしれないですわ(;´∀`)狩野さんのアップ率凄いな(;´∀`)
でも「代打の神様」はまだ早いんじゃ…代打枠も今は解らないですからね。。
悲喜交々の契約更改ですね~どんなドラマになるんでしょうかね?

絵日記2・2藤浪1
「スイっと大幅アップ狙うでー( =①ω①=)フフフ」

☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆
こちらの”矢野さんバナー”をポチッとお願いします↓↓皆様の優しい「ポチッ」
してもらえますと嬉しいですわ~ランキング超々々急降下なんです(´;ω;`)ブワッ

人気ブログランキングへ

★こちらも「ポチリ」ありがとうございます~
こちらもランキングだだ落ち~何卒押して下さい~(´;ω;`)ブワッ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

★私の日常ネタはこちらへどうぞ
好きなものは好き!~絵・趣味の部屋へ




スポンサーサイト
★虎15~16オフネタ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示