(。´・ω・。)ノ☆投手陣の競争もチームを強くする☆ヾ(。・ω・`。)

2016年01月14日
競い合って強くなる━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━!!!
競争が激しいほど、誰にもチャンスがあるんやで(っ`・ω・´)っ

兄貴が「変革」言うてます様に、どの選手にも「チャンス」があるんですよね(*´・ω・)´-ω-)
投手陣にもチャンスはあるんですよね~先発投手陣はなんとなく~決まってるけども
中継ぎ陣や抑え投手とかって…流動的だなーって感じてます。おはぎさんや安藤さんって
名前上るけど、ぶっちゃけおっちゃん( =①ω①=)フフフですからね。勿論おっちゃんの
魅力もありますし、頼らないといけない場面も出るかと思うけど、何時までもこのままじゃ~て
思うし、若い子らは悔しくないんか((○( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄メ)プルプルと。

昨シーズン期待された遼馬君は故障もあって全然アカンかったけど、歳内君とか出て来て
ましたし、今季はこの二人に注目したいです。あとは…石崎君とか岩本君はどのポジションに
なるのか解らないけど、昨年中継ぎで投げてたし、島本君とかも気になるな~。こうして
見てると「投手居るやんか」ってなりますよね。抑えに外国人投手を獲りましたけど
もし…ってなった時には、「はい((*゚Д゚)ゞ ハイ!」って投げれる様な投手が出て来たら良いなー

【野球】猛虎“最悪の事態”への備えを
41、30、42、32、37、42、27、41、32、40…。ここ10年のセ・リーグ優勝球団における
クローザーのシーズンセーブ数だ(数字は新しい順)。先発、中継ぎ、抑えと、分業がより
明確化された近代野球において、クローザーの役割は絶大。その出来がペナントレースの
成績に直結するといっても過言ではない。

昨年12月、阪神ファンにとってはショッキングな事実が明るみに出た。絶対的守護神の
呉昇桓が海外での賭博容疑で、韓国検察から取り調べを受けるというもの。結局、残留を
要請していた球団は、事態の決着を待たずして、交渉を打ち切るしかなかった。

呉昇桓の抜ける穴は絶大だ。在籍した2年間で通算80セーブを挙げ、来日初年度から
2年連続で最多セーブのタイトルを獲得。大きなケガはなく、連投もこなし、金本監督は
就任直後に「呉昇桓ありきで計算しているから」と絶大な信頼を口にした。その構想が
白紙に戻ったわけだから、ダメージは計り知れない。

ただ、もともと大リーグ志向のあった呉昇桓の退団に備えていた球団はその後パドレスから
速球派のマテオの獲得に成功。他にも、同じくスピードボールを武器とするタイガース
傘下3Aのドリスの獲得も目指している。かつての絶対的守護神・藤川も4季ぶりに
加入したが、先発としての調整を命じられており、現時点では助っ人2人が代役候補だ。

しかし、クイックなど細かい動きも要求されるのが日本野球の特色。剛速球があるからと
いって、それだけで相手打線を抑えられる保証はない。球界全体で見ても、これまでにも
クローザーを期待された新助っ人が、シーズンが始まってから失格の烙印を押された例は
多々ある。キャンプ、オープン戦だけでは適正を判別しきれないのも難しいところだ。

そこで最も危惧されるのは、マテオ、ドリスの2人ともクローザーには不適格という事態が
発生した場合だ。その時は他の投手をクローザーにせざるを得ないが、福原は年齢的な
ことを考えると負担が大きい上に、配置転換すると今度はセットアッパーが手薄になる。
松田、歳内ら抑えの資質を備える若手はいるが、圧倒的に経験が足りない。

ペナントを制するためには、安定したクローザーの存在が不可欠であることは冒頭で
述べた通り。マテオ、ドリスの2人に固執せず、例えばキャンプの練習試合やオープン戦で
藤川、松田、歳内といったクローザーに回る可能性のある投手をセーブのつく場面に
登板させるなど、最悪の事態に対する備えも必要であろう。


絵日記9・19松田
絵日記1・3球児1
絵日記9・2歳内

☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆
こちらの”矢野さんバナー”をポチッとお願いします↓↓皆様の優しい「ポチッ」
してもらえますと嬉しいですわ~ランキング超々々急降下なんです(´;ω;`)ブワッ

人気ブログランキングへ

★こちらも「ポチリ」ありがとうございます~
こちらもランキングだだ落ち~何卒押して下さい~(´;ω;`)ブワッ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

★私の日常ネタはこちらへどうぞ
好きなものは好き!~絵・趣味の部屋へ






スポンサーサイト
★虎15~16オフネタ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示