(。´・ω・。)ノ☆江越君がレギュラー掴めるか☆ヾ(。・ω・`。)

2016年01月27日
江越君の飛躍に期待します゚・*:.。..。.:*・゜(n´∀`)η゚・*:.。. .。.:*・゜
もっともっと足で魅せてほしいし、もっと打撃で魅せてほしいし
とにかく今年は「どんな事も」魅せてほしいですね( *´艸`)♪


昨年の新人1年目の方で活躍したと言えば…江越君かなー。。でも本当はもっともっと
活躍する姿が見たいのが本音ですけど。昨年は、主にセンターでの出場でしたけども
試合後半には交代されたり(それも活躍してたのに(;´∀`))ぶっちゃけ、最後までは
出し続けられない…ってポジションやった江越君ですが、持ってるモノは絶対に
素晴らしいモノだと思ってます。2年目の飛躍が見れると嬉しいな( *´艸`)クスッ♪

今年は外野のポジション争いは激しさが増すと思うんですよね。だからこそ、江越君の
活躍に期待したいなー。それと今年はもっと足の速さをアピールしてほしいなー
盗塁とかジャンジャンやってほしい。兄貴なら「やったらええねん!」て言いそうですし。
足でも敵をかき回してほしいなーそういうの機動力見たいですもんね( =①ω①=)フフフ

江越君ー頑張れ"p(・ω・*q)ガン(p*・ω・)q"バレ ※q(*・ω・*)p※ファイト!!

阪神・江越は山田や柳田に劣らぬ身体能力。
                   金本監督はどこまで将来を見据えた起用ができるか

★高い身体能力を誇る
金本知憲新体制で11年ぶりのリーグ優勝を目指す今季の阪神。チーム成績はもちろん
球団、ファンが金本監督に期待するのは、ここ数年解消できていない「ベテラン依存」からの
脱却だ。主力の高齢化には歯止めがきかず、若い選手もなかなか台頭してこない。2003
05年優勝時の赤星憲広、今岡誠、藤川球児に代表されるように、成長著しい若手選手が
レギュラーに名を連ねるようでなければ、昨季3位からの上積みはなかなか期待できない。

そんな阪神において今季、飛躍を期待されている選手がプロ2年目の外野手・江越大賀だ。
プロ野球の世界で、選手が「ブレイク」するためには、いくつかの条件が必要になる。

ひとつは、「実力」。当たり前のことだが、一軍レベルで結果を残せるだけの実力を備えて
いなければ、プロでブレイクするなど夢のまた夢。江越は昨季、プロ1年目ながら後半戦に
一軍定着。おもに7番センターを任され、56試合で打率.214、5本塁打、16打点、2盗塁を
記録している。数字的にはまだまだ物足りないが、二軍では48試合で打率.309、8本塁打
20打点、6盗塁と高い順応性を見せ、ブレイクに向けた顔見せ、下地づくりは済んでいると
いっていい。

江越の最大の魅力は、その高い身体能力にある。昨季、チームの新人としては岡田彰布
以来35年ぶりに2試合連続本塁打を放ったパワー、遠投120メートルを誇る規格外の強肩
14年ドラフト指名81選手中、最速タイとなる50m5秒8の俊足。使い古された表現だが
「走攻守」3拍子揃ったプレーが最大の持ち味。近年、プロ野球界では昨季トリプルスリーを
達成した柳田悠岐、山田哲人を筆頭に、身体能力が高く、パワーとスピード、技術を
兼ね備えた「アスリート型」の選手がトレンドとなりつつある。江越は間違いなく、現在の
野球界の潮流にそったハイスペックな選手といえる。

★指揮官も期待大
ブレイクするための条件、ふたつめは「首脳陣からの期待」だ。若い選手が一軍で
それなりに結果を残すためには、ある程度「我慢」して起用してもらう必要がある。
そのためには、当然首脳陣から高い期待を寄せられていなければならない。山田哲人も
プロ1年目の11年にはシーズン通じて二軍でのプレーに終始したが、同年クライマックス
シリーズでいきなり先発に抜擢されるなど、「将来を見据えた」起用をされたことが
14年の大ブレイクに繋がっている。

では、江越はどうか。金本監督は「阪神にいないタイプ」と高く評価。昨季後半の起用法を
見てもチームとして彼を成長させたいという意図が透けて見える。また、スポーツ誌による
アンケートでも阪神の「飛躍を期待する野手」部門で堂々トップ。今季は大きなケガや
不調がない限り、開幕から起用される可能性は非常に高い。

★マートンの退団で、外野はし烈な競争へ
ブレイク条件、三つめは「チーム状況」だ。いくら有望な若手が伸びてきても、同ポジションに
不動のレギュラーが君臨していれば、チームは「実績」を重んじた起用をせざるをえない。
また、前述の様にある程度「我慢」の起用を続けるためには、ポジションを「1枠」、育成の
ために犠牲にしても戦える戦力が整っている必要がある。

例えば、現在巨人の主将を務め、侍ジャパンでも正遊撃手に君臨する坂本勇人は
08年開幕戦で負傷離脱した二岡智宏に代わって遊撃に定着。他ポジションに不動の
レギュラーがいたこともあり多少の不調でも外されることなく、全試合スタメンで
起用されたことが翌年以降の成長に結びついている。

今季の阪神外野陣は、マートンが退団。センターも大和の内野手再転向が噂されるなど
レギュラーを確約されているのはライトの福留孝介のみ。江越にポジションが与えられる
可能性は非常に高い。ただし、08年の巨人のように「1枠」を育成目的のために犠牲に
できるほど余裕はない。実力、期待値から見て、江越が優先的に起用される可能性は
高いが、結果が出なければ容赦なくスタメン落ち、二軍落ちということも考えられる。

与えられたチャンスを、いかに掴むか。江越大賀「勝負の2年目」がはじまる。


絵日記2・9江越2
絵日記2・9江越1

☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆
こちらの”矢野さんバナー”をポチッとお願いします↓↓皆様の優しい「ポチッ」
してもらえますと嬉しいですわ~ランキング超々々急降下なんです(´;ω;`)ブワッ

人気ブログランキングへ

★こちらも「ポチリ」ありがとうございます~
こちらもランキングだだ落ち~何卒押して下さい~(´;ω;`)ブワッ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

★私の日常ネタはこちらへどうぞ
好きなものは好き!~絵・趣味の部屋へ






スポンサーサイト
★虎15~16オフネタ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示