(*´ゝω・)OP戦・対巨人~OP戦でも勝つと嬉しいね(ゝω・`*)

2016年03月06日
今季初観戦キタ━━━(*゚∀゚)っ゚∀゚)っ゚∀゚)っ━━━!!!
そしてOP戦ではありますが…読売に勝つのは嬉しいなー
いやいや~良かったですわ(●´艸`)´艸`)´艸`)


今季初観戦はOP戦ですが、読売戦です~試合は打線が繋がったりで勝ちました
まぁ~OP戦ですが嬉しいですね(六甲おろし歌って来ましたし(*Φ皿Φ*)ニシシシシ)
それと…今季からスコアボードの映像パフォーマンスが超変革してましたよー
今まで「どーしてビジョンを活用しなかってん?」って思ったぐらいです。今年は
こういうファンサービスの部分も変わって行ってるなーって感じましたよ( *´艸`)

虎、6連打でG倒!金本監督猛ゲキ「勝ちにいこうぜ」に応えた「阪神6-1巨人」
初のG戦は完勝! 阪神は6日、甲子園でのオープン戦で今季初めて巨人と対戦。
金本知憲監督(47)は試合前、「勝ちにいこうぜ」とゲキ。選手らはそれに応えて
四回に西岡剛内野手(31)らによる6連打で5点を奪い、快勝した。
巨人・高橋由伸監督(40)との新指揮官対決を制し、シーズンの巨人戦に向けて
胸躍る白星となった。

これこそタイガース。オープン戦ながら2万116人が詰めかけた甲子園。宿命の
ライバル巨人との初対戦に、金本監督が燃えた。ナインも奮い立った。炎の6連打で
G倒。今季聖地初Vだ。「選手には言ったんだけど。『きょうはちょっと勝ちにいこうぜ』と。
うん。そう言って、勝ってくれてね」試合後、指揮官は少しだけ顔をほころばせた。

2月の実戦スタート前は「勝ちにはこだわらない」と明言していた。だが、この日だけは
“禁”を破った。必勝指令に選手が呼応した。1-1の四回だ。狩野、高山、横田、小宮山
鳥谷と5連打で2点。なお無死満塁で2番・西岡が打席に立った。フルカウントから内海の
外角シュートを叩きつけた打球は、一塁手の頭を越える右前2点打だ。

「(6連打の)ポイントというか一番、見習ってほしいのは西岡。追い込まれた後、三振だけは
しないぞ、1点をとりにいくぞというね。そういうのを中堅クラスの選手がやってくれているから
(若手は)見習うべき」

絶賛の将。しかし、二塁争いを制すべく“休養”なしに出場を続ける西岡に、笑顔はなかった。

「『初回で叩きたい』という監督の意図を汲めば、反省の方が大きい。鳥谷さんと僕で1、2番を
組んだわけですし、初回に崩したかった。あとの打席で結果は出た(2安打)が、そこが一番の
反省」。一回無死一塁で左飛に倒れた。絶対に勝つべく、初回の攻撃にかけていたからこその
猛省。監督と選手の思いが一体となっていた。

近年、対巨人にこわだりを明言する選手は少なくなった。どこが相手でも一緒…と。しかし虎党に
とって『YG』は特別だ。金本監督自身も、現役時代から強い巨人を倒すことに燃えてきた。
東北福祉大では故伊藤義博監督に「東京の大学には負けるな!」と叩き込まれた。カープでも
タイガースでも監督としてでも、闘志は同じだ。

同じく就任1年目の巨人・高橋監督は、新生阪神の印象について「分からないです」と話すに
とどめた。今季最初の伝統の一戦は開幕4カード目の4月5日(東京D)。金本監督も
「最初に叩いておきたかった? それは特にないけどね」とはぐらかしたが…。

『巨人戦』『大勢のファンの期待』が勝ちにいった理由かと問われ「うん。まあ、そうやね。
それはあるわね」と小さくうなずいた。昨季は9勝16敗。8年連続で巨人に勝ち越していない。
1985年、2003、05年。ここ3度のVイヤーはすべて直接対決を制してきた。G倒と優勝は
表裏一体。虎の宿命を背負い、前哨戦を制した。


moblog_2305dad9.jpg

☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆
こちらの”矢野さんバナー”をポチッとお願いします↓↓皆様の優しい「ポチッ」
してもらえますと嬉しいですわ~ランキング超々々急降下なんです(´;ω;`)ブワッ

人気ブログランキングへ

★こちらも「ポチリ」ありがとうございます~
こちらもランキングだだ落ち~何卒押して下さい~(´;ω;`)ブワッ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

★私の日常ネタはこちらへどうぞ
好きなものは好き!~絵・趣味の部屋へ



スポンサーサイト
★虎16年キャンプ・OP戦ネタ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示