(。´・ω・。)ノ☆WBC1R・対オーストラリア~接戦の勝利☆ヾ(。・ω・`。)

2017年03月09日
投手戦で始まった試合ですが…主砲の一撃で試合の流れが
変わりましたな…こういう試合に勝ったのは大きいですね~
さて明日は中国戦"p(・ω・*q)ガン(p*・ω・)q"バレ ※q(*・ω・*)p※


キュ―バ戦の大味な試合とは打って変わっての投手戦。。中々得点に繋がらない打線
でしたけど、お目覚めの中田さんの一本で流れが変った気がしますね(;^ω^)そして
主砲の筒香さんの一発(∩´∀`)∩…何か壮行試合や強化試合の時のどんよりさが
無くなった様な気がしますわ(;^ω^)まぁ~まだ油断は禁物ですわなあ。明日の試合も
頑張って下さいね(っ`・ω・´)っフレーフレー!!!

侍J、2次R進出王手! 中田V弾&筒香連発&5投手1失点リレーで豪州逆転撃破
野球日本代表「侍ジャパン」は8日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の
1次ラウンド第2戦でオーストラリア(東京ドーム)と対戦。7回に中田の大会1号で勝ち越し
序盤から続いた接戦を4-1で制した。前日のキューバ戦に続く2連勝を飾った侍ジャパンは
1次ラウンド突破に大きく前進した。

侍ジャパンは初回、相手先発アサートンから先頭・山田が中前打、2番・菊池が右前打と
連打でスタート。続く青木の二ゴロで進塁し、1死二、三塁で筒香、中田のクリーンアップ
コンビを迎えたが凡退し、先制の絶好機を逃した。2回、3回は連続で3者凡退。
豪州バッテリーの術中にハマり、なかなか打球を外野に飛ばせなかった。

日本の先発はエース菅野。初回を無失点に抑えると、2回は先頭・ケンリーの鋭い遊撃
ライナーを坂本がグラブで弾く失策。続くウェルチを二ゴロ併殺に打ち取り、2死とした。
だが、続くデサンミゲルに投じた1ボール2ストライクからの4球目、131キロ外角スライダーを
右翼スタンド最前列に飛び込むソロ弾とされ、先制を許してしまう。

侍打線は1回の青木から12者連続凡退。だが、5回に先頭・坂本が左翼へ二塁打を放つと
鈴木が二塁内野安打で続き、無死一、三塁と得点機を呼ぶ。ここで前日のキューバ戦で
3ランを含む4安打4打点をマークした松田が、レフトに犠飛を放って同点。試合は振り出しに
戻った。

直後の5回裏、被弾した後は好投を見せた菅野が死球や内野安打で1死一、二塁とした
ところで、第1ラウンドの球数制限65球に達して降板。マウンドを継いだ左腕・岡田は制球が
定まらず、四球で1死満塁のピンチを招くが、続くベレスフォードを二ゴロ併殺に打ち取り
難を逃れた。

1-1で迎えた7回、試合が動いた。先頭で打席を迎えた5番・中田が、交代したばかりの
オーストラリア3番手・ウィリアムズの初球スライダーをフルスイング。打球はレフトスタンドへ
飛び込む勝ち越しソロ弾となった。8回には2死一塁から4番・筒香が特大2ランを右翼ポール
付近に運び、2夜連続の2ランで勝利を確かなものとした。

マウンドでは3番手・千賀から宮西と無失点リレー。9回は牧田が豪州打線を封じ込め
試合を締めた。前日6失点を喫した投手陣は5投手の継投で1失点に抑えた。1次ラウンドを
初戦から2連勝とした侍ジャパンは全勝通過を目指し、10日に中国と対戦する。9日の
中国vsオーストラリアで中国が敗れれば、日本の2次リーグ進出が決定する。


絵日記3・9日本オーストラリア

☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆
こちらの”矢野さんバナー”をポチッとお願いします↓↓皆様の優しい「ポチッ」
してもらえますと嬉しいですわ~ランキング超々々急降下なんです(´;ω;`)ブワッ

人気ブログランキングへ

★こちらも「ポチリ」ありがとうございます~
こちらもランキングだだ落ち~何卒押して下さい~(´;ω;`)ブワッ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

★私のハムスターネタは土曜日更新~こちらから
好きなものは好き!~絵・趣味の部屋へ


スポンサーサイト
★侍ジャパン・日本代表ネタ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示