fc2ブログ

(*´・ω・`)ノ正念場を迎える9月こそぐっちの活躍がヽ(´・ω・`*)

2018年09月03日
代打の神様って言われてるけど…まだまだ神様じゃないと
思うんやけどもね(^(^(^(^(^(^ω^;lll) それほどにぐっちの
一打席での勝負強さは凄いと思いますわ(*´・ω・)´-ω-) ぅぃ


明日から広島戦~やけど、台風接近中やから中止になるんちゃいますかね(;・∀・)
…あああ~またまた9月終盤からの超超超強行日程に(;^ω^)どうするんやろ?
そんな強行日程やからこそ、ぐっちの様な選手が居るのは心強いかもしれないですね

阪神 原口文仁 四番、捕手、代打すべてをこなす/ユーティリティーの輝き
勝負強さには定評がある。シーズン後半の原口文仁は、「代打の切り札」として目立っている。

「チームに1つでも上を目指すという気持ちがあるので、結果を求めていきたい」

かつては、川藤幸三、真弓明信、八木裕、桧山進次郎らが「代打の神様」といわれてきた。
その系譜を引き継ぐかのような働きをみせる。

例えば8月14日の広島戦(京セラドーム)、代打で同点打を放ったが、この時点での代打
打率は5割(34打数17安打)で驚異的だった。金本監督が「バッティングはしぶといし
集中力を感じる」というように、ここ一番での打撃は頼もしい。

プロ9年目の苦労人。もちろん、原口自身は、そのポジションに甘んじることなく、常に攻守に
働き場を奪い取る構えでいる。今季の原口は、昨年コンバートを受け入れた一塁ではなく
「ゼロからのスタート」「自分の責任」といって捕手に再挑戦を試みた。

6月26日DeNA戦(横浜)では、先発マスクを被って、2年ぶりに虎のエース・メッセンジャーと
コンビを組んで勝利に導くなど正妻の座を奪いにいった。しかし、現状で捕手に関しては
梅野にリードされている。現在の役割は「四番」「捕手」「代打」など多岐にわたっている。

原口は「チームにプラスになるような働きをしたいです」という。どのポジションでも準備を
整えながらカベも乗り越えていく。


絵日記5・15原口

☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆
ランキング参加中です~最近ランキング急降下~ポチッとひと押しお願いします(ヾ(´・ω・`)ノ(o´_ _)o)ペコッ

人気ブログランキングへ

★こちらも宜しければひと押しを(ヾ(´・ω・`)ノ(o´_ _)o)ペコッ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

★私のハムスターネタは土曜日更新~こちらから
好きなものは好き!~絵・趣味の部屋へ


スポンサーサイト



★虎18公式戦~9・10月ネタ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示