FC2ブログ

10・5~対CS1st 1戦・DeNA(●ゝω・)ノ☆超大大逆転勝利☆*:;;;:*

2019年10月05日
勝ちキタキタキ(゚∀゚∀゚∀゚∀゚∀゚∀゚)キタキタタヨォ!!
7-1とか「もうアカンわ(;ωノ|柱|。。。」って思ってたのは
うちらファンだけでした…ホンマにすんません(;^ω^)
ホンマに逆転して勝ってしまうのは、きっとここまで勝ち続けて
これた「自信と勢い」があるんじゃないかと思いますわ(o ̄∀ ̄)ノ


この勢いで明日決めてほしいです☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆ガンバ♪

いや~こんなに凄い試合をやってのけるとは誰が想像したでしょうか(;^ω^)初回に
西君がフルボッコに緊急降板&島本君が4失点とか「7-1」で正直テレビ見るの
一旦やめましたから(パのクラシリ見てたんで(笑))それが7回に髙山君や木浪君の
途中出場した面子の活躍と北條君の活躍で(5打点やし)逆転ですわ~。もう右左
関係無く勢いのある選手をスタメンで出してほしいですわ(*´・ω・)´-ω-) ぅぃ。
そして、今日は若虎の活躍での逆転劇が本当に大きかったですわ~

しかし、ハマスタで無敵な力出すな(笑)今日は阪神の応援席がめっちゃ少なかったけど
その力を最大限に使っての勝ち星はでかいですわ(*Φ皿Φ*)ニシシシシ。明日は今日の
勢いで勝ってほしいですわ"p(・ω・*q)ガン(p*・ω・)q"バレ ※q(*・ω・*)p※ファイト!!

阪神、奇跡の6点差大逆転勝利で最終S進出王手!北條5打点&V打 DeNA悪夢
阪神がまたしても、奇跡を呼び込んだ。6連勝でつかんだ逆転CS。今度はCS史上
最大となる6点差を跳ね返す大逆転勝利だ。猛虎打線の爆発で先勝し、ファイナルS
進出へ王手をかけた。

奇跡の道はまだ続いていく。北條が、木浪が、近本が…みんながやった。劣勢ムードを
切り裂いたのは、6点を追う七回からだった。代打・高山&代打・木浪が連打で1点を
返すと、近本も内野安打でつなぎ、2番・北條。すると2球目だった。高めに浮いた
直球に反応すると、左翼席へズドン。追撃の3ランで一挙4点を奪った。

点差は2点。いける、いけるぞ-。ムードが高まった八回。2死一塁からだった。一走
高山が二盗を決める。すると木浪が右前へとはじき返し、初めてのCSで2打点目。
途中出場ながら1点差に詰め寄る適時打で存在感を見せつけると、近本は猛打賞となる
右前打を放った。2死二、三塁で、最後はまたしても北條が決めた。前進守備の外野の
頭上を越す逆転適時三塁打で、試合を一気にひっくり返した。

思わぬアクシデントが、チームの結束力を高める。“開幕投手”を務めた西が、まさかの
負傷交代となる。立ち上がりに、強力DeNA打線に筒香の先制3ランを含む5連打。
宮崎の打球が左足を直撃する投手強襲安打となって、治療を行うも、再びマウンドに
戻ることはなかった。1死も奪えないままの降板は、プロ11年目で初めての屈辱。
先発投手の緊急降板に、ブルペン陣が総動員となった。

西の後を受け継いだ、守屋が追加点を与えない好リリーフ。ガルシアも3回0封で
つないだが、3番手・島本が4連打を浴びるなど4失点。対DeNA戦で、防御率
0・63と好相性だった左腕が打ち込まれた。

だが、あきらめない。その後は能見-ドリス-岩崎-藤川と、計8人の継投でしのぎ
きった。九回は2死から宮崎のフェンス際の打球を高山が好捕したかと思われたが
リプレー検証の末、二塁打と判定されて大ピンチに。だが、藤川が耐え、逃げ切った。

奇跡を起こしてきたチームだ。CS初出場の近本が猛打賞、木浪が2安打2打点の
大活躍。さらに近本は、球団新人では初めてとなるCSでの盗塁を決め、この日は
2盗塁。この勢いに乗って、日本一を目指す。

CS本拠地初開催のDeNAは、継投策が裏目。悪夢の大逆転負けとなった。


阪神・矢野監督が熱い 大逆転劇に男泣き「みんながラッキーボーイ」【一問一答】
阪神が6点差を跳ね返し、大逆転勝利。ファイナルS進出へ王手をかけた。

打線が1-7の七回から反撃。北條の3ランなどで4点を返し、2点差に迫ると、八回は
木浪の適時打、北條の2点三塁打でついに逆転した。

シーズン6連勝で進出を決めたCSで、またも奇跡のドラマを演じた虎ナイン。矢野監督は
試合後の会見で男泣きした。試合後、指揮官の報道陣との一問一答は以下の通り。

(自ら切り出す)「どんな記事書いてくれんねん。え?どんなん書いてくれますか?」

-最後も手に汗握る展開だった。
「ずっと手に汗握ってたわ。最後だけちゃうわ。すごい。ホンマにすごい。選手が、すごい」

-最大6点差を逆転した。
「いや、今のチームの目指す野球っていうか、全員で戦うっていうね。控えというか、スタートで
出てないメンバーももちろん大きな戦力やし。ピッチャーもね。全員でつなぐっていう野球が
できたし。誰か1人がね、ヒーロー、もちろん全体のヒーローでいえばもちろんヒーロー
なんだけど、だけど全員で野球できたっていうのがすごくうれしいし。常々、苦しいとき
どうするかとか、諦めないとか。まぁ、うん…(約20秒うつむいてあふれる涙をこらえる)
(声震わせて)そういう野球できました」

-監督の涙は選手のがんばりから。
「いや、もちろんそれはすごいなと思って…」

-八回2死からつないで逆転した。
「ちょっと言いようがないけど…」

-投手陣はアクシデントがありながら、守屋からつないだ。
「最後、人数が足らなくなるかな…というのがあったけど。行くしか。始まる前から言ってるけど
ウチは行くしかないんでね。なったらなったで、考えるしかないというところで、行けるだけ
行ってみようと。思って行ったし。野手も早い回から行ってたんで………。うん……」

-木浪もラッキーボーイ。
「みんながラッキーボーイやけど。一個の塁を進むこともすごいことやし。それはみんなの
見ようによって誰がヒーローにもなるような試合やったと思うし。まあ、最後の八回、九回も
最後はしんどいしね」

-ジョンソンもいない中での岩崎は。
「優(岩崎)もずっとね、防御率を見てもそうやし、ちょっと1年の中では休む時間もあったけど
帰ってきてからはほぼほぼフル回転で、常に苦しい場面で。後ろのピッチャーで、特に優に
関してはそういうところ。(厳しい場面で)優で悔いがないというかさ…。そういう思わせて
くれる投球をしてくれていたんでね。ある意味、総動員で、この場面でいつも通りできるって
いうすごさを感じたけど」

-七回は代打で流れが変わった。
「まあ、そうやね。こんな試合を1人では流れを変えにくいと思うし。まあ、最初に言ったように
ピッチャーも野手もみんなが諦めない、つないだっていうのが、こういう結果になったと思います」

-西は打球が当たって降板。
「西も行く気持ちをもちろん持ってくれていたし。踏み出す足やし、ちょっと指の繊細なところに
打球が当たっていたんで。ちょっと難しいなという判断で代えました」

-下克上と言われる。
「まあねえ。今日も試合前ミーティングで、そういう話はした。ここに来たことは俺は奇跡だと
思っていなくて。みんなの力、粘り、あきらめない気持ちでここに来たと思う。今日から奇跡の
スタートだという」

-この1勝はどうか。
「みんなにとって大きい。俺らはもちろん、ファンの人もそう。このCSで成長していける
クライマックスが始まる前に言ったけど俺らは強いチームじゃないんでね。でも、強くなれる
戦いをしていってくれているんでね。そういう部分でもチームにとっても大きいし、こういう姿を
ファンの人に見せられたというのもね。俺らはプロだから大きいしね」

-明日決めたい。
「もちろん明日、決めにいくつもりだしね。今日と同じように全員で戦う形になると思うしね。
うちは全員が戦力で、全員が必要なんで。そういう戦いを明日もやっていきます」


絵日記10・5北條

☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆
ランキング参加中です~最近ランキング急降下~ポチッとひと押しお願いします(ヾ(´・ω・`)ノ(o´_ _)o)ペコッ

人気ブログランキングへ

★こちらも宜しければひと押しを(ヾ(´・ω・`)ノ(o´_ _)o)ペコッ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

★私のハムスターネタは土曜日更新~こちらから
好きなものは好き!~絵・趣味の部屋へ




スポンサーサイト



★虎19公式戦~9月&CSネタ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示