FC2ブログ

(●^∀^●)秋季キャンプ・2日~昌さん、そのまま縦じまユニを(●^∀^●)

2019年11月01日
山本昌コーチ| |ω・`)キタヨ| |´・ω・`)キタヨ| |(+・ω・´)歓喜
どうか伸び悩む阪神の投手陣、野手陣にも喝を入れて下さい


てか、帽子まで被ってらっしゃるなら、もうタテジマ着てしれっと
シーズン迎えても大丈夫ちゃいますか?((o(○`ε´○)o))


こんなん書いたら中日ファンの方に怒られますわね(;^ω^)それ位昌さんがしっくり
来てるって」見てしまいました。。藤浪君に身振り手振りを交えての指導…昌さんの
長く現役を続けられた技術やフィジカル面が藤浪君に伝わってほしいな~てか
伝わってほしいです(*´・ω・)´-ω-) ぅぃ。藤浪君の復活をホンマに願ってますから。

色々言われてるけども、藤浪君の投球は最終的には藤浪君が建て直さないと
アカンですもんね。その背中を昌さんがグイグイと押してほしいです(((uдu*)ゥンゥン
臨時コーチの昌さんが居てる間にたくさんの事、吸収して下さいね(((uдu*)ゥンゥン

藤浪再生だ!山本昌氏が熱血指導、宝刀変化球も伝授
昌塾で藤浪再生だ! 阪神の秋季安芸キャンプで臨時コーチを務める山本昌氏
(54=野球評論家)が1日、本格始動指導した。

中日で219勝を挙げ、50歳まで現役を続けた「レジェンド」は朝から夜まで藤浪晋太郎
投手(25)を熱血指導。今季プロ7年目で未勝利に終わった右腕に、宝刀チェンジアップ
(通称スクリュー)を伝授し、藤浪も復活への手応えをつかんだ。

選手から拍手で出迎えられた山本氏がまず向かったのは、藤浪だった。「山本さん
ちょっといいですか」。藤浪がアドバイスを求めたことがきっかけ。「こういう機会でしか
聞けないですし、そういう話を聞きたいと思った」。そこから熱血指導は始まった。

最初のキャッチボール。山本氏はいきなり宝刀チェンジアップを伝授した。藤浪と望月の
キャッチボールを見守り、時には藤浪に自身が返球しながら、惜しみなく感覚を伝えた。
「藤浪投手に関してはチェンジアップを練習することによって、手首が立ってほしいなと。
私自身がそうだった。チェンジアップを覚えたことによってリリースが立って、プロ野球で
勝てるピッチャーになりましたので」。リリースが縦になれば直球の安定感にもつながる。
解説は明快だった。

午後からも熱血指導が続けた。藤浪は60球近くを投げた後「チェンジアップ行きます!」と
早速新球にチャレンジ。山本氏はうれしそうに近づいた。藤浪が投げるたび
「すげえ、変化してない?」「押すんじゃなくて押し込む」「恐ろしいな、ナイスボール!」と
興奮気味に声を掛けた。評論家として見たことはあったが、捕手の後ろから初めて見て
藤浪の抜き出た素質を再確認した。「強烈だねえ。ちょっとびっくりしましたね。100球中
80球、ああいう(いい)ボールがいけば絶対完封する。そういうふうな確率をどんどん
上げたい」。今季未勝利など近年苦しむ右腕に復活の道を示した。

その後、下半身だけタテジマに着替えた山本氏は夕方、サブグラウンドに場所を移し
再び藤浪のもとへ。「近い距離のキャッチボールを今、課題としてやっています」と
リリース時に手首を立てるように徹底した。藤浪は一連の指導に驚きの言葉を並べた。
「今までにない、斬新というか。チェンジアップのリリースがストレートにつながるというのは
自分の中ではない考えだった」と新たな発見に感謝した。

前夜、芸西村の宿舎で行われた山本氏の特別講義でも、藤浪は熱心にメモを取ったという。
「すごくいい勉強が初日から出来ました。結構来ていただけるとのことで、チャンスだと思う。
来年以降に生かしていかないといけないと思います」。熱くて濃い昌塾が復活の足がかりに
なりそうだ。


絵日記11・1藤浪

☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆
ランキング参加中です~最近ランキング急降下~ポチッとひと押しお願いします(ヾ(´・ω・`)ノ(o´_ _)o)ペコッ

人気ブログランキングへ

★こちらも宜しければひと押しを(ヾ(´・ω・`)ノ(o´_ _)o)ペコッ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

★私のハムスターネタは土曜日更新~こちらから
好きなものは好き!~絵・趣味の部屋へ


スポンサーサイト



★虎19年秋季キャンプネタ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示