FC2ブログ

(●^∀^●)秋季キャンプ・11・12日~実戦形式で成果を(●^∀^●)

2019年11月11日
キャンプ真っ盛りやけど、今日からプレミア12のスーパーラウンドが始まりまして
オーストラリアに1点差で負けていた7回にソフバンの周東さんの足で同点に
追いついたんやけど…いやー凄いわ( ゚д゚)ンマッ!!二盗三盗で足でかき回しての
セーフティスクイズでの1点、これは日本にしか出来ない攻撃やと思うわ~

で、阪神も今シーズンは盗塁数がリーグ一位やったんですわ。勿論盗塁王の
近本君が居るんやけど、今年は足で点数を取った…って試合もありましたしね。
このキャンプでは、勿論打撃面を強化する事が一番やけど、足の方も磨きを
かけてほしいですわ(*´・ω・)´-ω-) ぅぃ。あ、勿論守備面もですけどね

では、キャンプネタを載せたいと思います..._〆(・∀・@)

阪神藤浪「投げたい」キャンプ中の実戦形式登板意欲
阪神藤浪晋太郎投手が11日、今キャンプでの実戦形式の登板に意欲を燃やした。
「いい感じで投げられている。(実戦について)自分では投げたいと思っている」と語った。

この日は山本昌臨時コーチの指導も受けながら投球練習。トラッキングシステム
「ラプソード」の計測によると、1分間に2128回転で、今季の自身の平均値よりも
多かったという。フォーム修正が進んでいることがデータにも表れた。見守った山本氏は
「やることはやってくれている。あとは実戦でつめていくだけ」。

シート打撃が行われる12日以降に実戦形式のマウンドに上がる可能性がある。


阪神、ぺったんこグラブで102失策の守備改善狙う
守りの秋だ。両リーグ最多102失策の汚名を残した阪神の安芸キャンプは
守備集中デーになった。フリー打撃中には内野陣が捕球部が平らな
トレーニング用グラブで練習する珍しい光景もあった。

大山悠輔内野手、北條史也内野手、木浪聖也内野手らがはめたグラブは
よく見るとぺったんこ。捕球と同時に右手で抑えないと球がこぼれる。壁当てによる
ゴロ練習は丁寧な動作を繰り返した。「面がななめだと強い打球をはじいてしまう。
面を正面にする矯正になります」と今季12失策の北條と語った。大山はぺったんこ
グラブを別の目的に活用していた。今季、スローイングミスが目立った正三塁手は
「いいところで捕らないと握り替えができない。握り替えが苦手な部分があったので」と
説明した。

今季は内野で失策を記録した選手が10人いた。久慈内野守備走塁コーチは
「投手の足を引っ張った。送球ミスが多かった。単純計算で1人が1つ失策を減らせば
10減る。甘いものじゃないが、何かを変えられる時期だから」と見守った。

工夫は続く。全体練習後、7人がメイン球場で居残り内野ノックを受けたが、その最初に
大山は極端な前進守備で構えた。「きれいに捕れれば一番いいですが、三塁なので
そういう打球は来ない。バウンドが合わない中で前に出たり、下がったり、ハンドリングで
合わせたり、そういう練習をやりたいと思っていた」。あえてバウンドの合わない状況で
ゴロをさばいた。

外野陣はマシンを使って真後ろの飛球を追いかけ続けた。今キャンプ最大の守備デー。
「数だけやったって中身がなければ、うまくなるスピードは上がらない。いろんなことを
やってみるのはいいこと」と矢野監督。屈辱シーズンの借りを返すため、個々が課題と
向き合った。


絵日記11・11守備練習

☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆
ランキング参加中です~最近ランキング急降下~ポチッとひと押しお願いします(ヾ(´・ω・`)ノ(o´_ _)o)ペコッ

人気ブログランキングへ

★こちらも宜しければひと押しを(ヾ(´・ω・`)ノ(o´_ _)o)ペコッ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

★私のハムスターネタは土曜日更新~こちらから
好きなものは好き!~絵・趣味の部屋へ

スポンサーサイト



★虎19年秋季キャンプネタ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示