FC2ブログ

(*´ゝω・)宜野座キャンプ(9日)・練習試合対日ハム(ゝω・`*)

2020年02月10日
昨日の試合は…今の阪神の課題の部分も見えた試合
やったと思いますわ(*´・ω・)´-ω-) ぅぃ。試合の方は
負けたけども、内容は良い部分も見えたりで良かったんじゃ
ないかと思いますわ☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆ガンバ♪


中日戦は乱打戦と言いますか、投手陣が結構打たれたりもしたけども打線が爆発を
したんで勝てたって感じですが、日ハム戦は最後は意地を見せたけど、投手陣に
抑え込まれましたね(;^ω^)それと…先発陣の明暗が出た試合やったかも(;・∀・)

背水の陣な藤浪君の投球は上々やったんじゃないでしょうか?157キロも出たけども
それよりもコントロールちゃいますかね~四球が2つで終えたのが大きいかも。やはり
藤浪君が復活する事が大きいですからね(((uдu*)ゥンゥン。メッセさんが抜けた穴を
西君一人で埋めるんじゃなくて、藤浪君が出て来てほしいですしね(*´・ω・)´-ω-) ぅぃ

二番手の岩貞さんもですわ~昨年は全然活躍出来んかったですしね。この日の登板は
無失点に抑えて上々の結果やったんじゃないでしょうかね?次回にも期待ですね。
う~それにしても小野さんはアカンですね(,,#゚Д゚):∴;'・,;`:アカン部分が全部出たって
感じやったし(四球でランナー出したりコントロールボロボロ~)そのアカン部分が守備にも
連鎖して追加点取られたり…こういう部分は昨年負け試合でも見た部分ですもんね。

ま、今この時期で噴き出た事で課題が見つかって改善して行けますしね(((uдu*)ゥンゥン
悪い部分ばっかりじゃなかったし、良い部分を伸ばせて行けると良いですよね~

阪神・藤浪 完全復活へ驚異の“157キロ” 抜け球なし2回無安打
阪神の藤浪晋太郎投手(25)が9日、開幕ローテーション入りへ大きなステップを踏んだ。
初の対外試合登板となった日本ハムとの練習試合(宜野座)に先発し、2回無安打無失点。
2四球を与えたが右打者への抜けたような球はなく、中継テレビの計測では驚異の157キロを
マーク。完全復活への道を着々と歩み出した。

バットを振らせることすらさせなかった。初回1死二塁で昨年鳴り物入りで日本ハムに入団した
王柏融ワンボーロンと対戦。カウント2―2から捕手・坂本のサインに首を振り、選んだのが
内角直球だった。台湾で2度、打率4割をマークして「大王」と称された強打者もうなるような
剛速球に手が出ず、見逃しの三振に斬り捨てた。

「しっかり球が指にかかっていました。空振りを取れたのも狙ったところとは違うけど
逆球でもしっかり指にかかってたので、いい球だったんじゃないかと思います」

この日1番のビッグネーム同士の対決に完勝した。3球目は本人が言う逆球の真っすぐで
空振り。三振に仕留めた5球目は、生中継した「スカイA」の計測では驚がくの157キロを
マークしていた。宜野座球場の表示とは誤差があったものの、球場のスピードガンでも
最速154キロ。2月上旬の初対外試合ということを考えれば、やはり規格外だった。

「1月から投げてきているんで。別に球速は自分の中では“腕振ったら出るやろ”ぐらいの
感覚なので、何とも思わないです」

2回を34球で無安打無失点。2四球はあったが、多少荒れながらでも力でねじ伏せるのが
本来のスタイルだ。一番の懸念材料だった右打者の頭部付近への抜け球はゼロ。
対戦した4人の右打者には外角中心の配球だったとはいえ、危なげない投球に終始した。
矢野監督の評価も上々だ。

「シート打撃の時よりも良かった。細かいコントロールというよりは、ゾーンの中で強い球で
抑えていく投手だと思うんで。次に対して段階を踏んでこられている」

4日のシート打撃登板後も山本昌臨時コーチや先輩・藤川に助言をもらい、修正に取り組む
姿があった。この日の登板直後には、三塁側のカメラマン席で見守っていた福留から一声
激励された。

「まだまだオープン戦、練習試合と結果を残していかないと。チームに貢献できるように
頑張っていきたい」

自分の立場は分かっている。より緊迫した場面での投球内容が問われるのも承知の上。
それでも、迷わず前だけを見て突き進むのが今年の藤浪の覚悟だ。


絵日記2・10藤浪

☆(゚ω゚☆)(☆゚ω゚)☆
ランキング参加中です~最近ランキング急降下~ポチッとひと押しお願いします(ヾ(´・ω・`)ノ(o´_ _)o)ペコッ

人気ブログランキングへ

★こちらも宜しければひと押しを(ヾ(´・ω・`)ノ(o´_ _)o)ペコッ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

★私のハムスターネタは土曜日更新~こちらから
好きなものは好き!~絵・趣味の部屋へ

スポンサーサイト



★虎20年キャンプ・OP戦ネタ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示